アルベンガの歴史

e0274399_15444960.jpg
リグーリアの風光明媚な海岸や山沿いには大小の城塞代わりとして築かれた村が点在しています。アルベンガの街の起源は周辺の街と同じくローマ時代までさかのぼります。ラテン名は「Albium Inganim」。元前3世紀にはポエニ戦争でローマ帝国に対抗してカルタゴ側として参戦し、ハンニバルの弟マゴーネはアルベンガに軍港を築きました。この地域一帯は中世以降それぞれを支配する権力者、ジェノヴァの四名家のドーリア家、スピノラ 家、グリマルディ家( 現在のモナコ公国の祖先)、フィエスキ家( ローマ法王を二人も出した名門 )や、フランス王室、サヴォイア家などの覇権争いから支配地の所有者が目まぐるしくかわりました。

Ref: Albenga impressioni e colori (Comune di Albenga Patrizia Valdiserra)
Bibliothèque Nationale de France


花のリヴィエラ便へ遊びに来てくださりありがとうございますemoticon-0155-flower.gif

アルベンガの歴史 
アルベンガの伝説
ポンテルンゴの聖母
アルベンガの教会
6世紀の青モザイク
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-07 00:00 | 歴史