カテゴリ:本( 16 )

レイチェル・カーソン

e0274399_0133685.jpg


センス・オブ・ワンダーとは、神秘さや、不思議さに目を見はる心。

すべての子どもが生まれながらに持っている、神秘さや不思議さに目を見張る心、つまり「センス・オブ・ワンダー」がいつまでも失われませんように。

そんな願いが込められたレイチェル・カーソンの最後の著書、『センス・オブ・ワンダー』。

美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。

鳥の渡りや潮の満ち干、春を待つ固いつぼみが持つ美と神秘、そして、自然が繰り返すリフレインが、いかに私たちを癒してくれるのかを、レイチェルは静かにやさしく語りかけています。

美しいもの、不思議なもの、神秘的なものを見つけ、喜んだり、驚いたりする「感じるこころ」を育てようとしているのではないでしょうか?

子どもの頃は誰もが豊かに持っている「感じるこころ」。おとな達は誰もが「子どもたちに豊かに育ってほしい」と言います。でも、大人たちは、子どもたちと感動を分かち合うようにしているでしょうか?

子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力を持っているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない「センス・オブ・ワンダー、つまり神秘さや不思議さに目を見はる感性」を授けてほしいとたのむでしょう。

この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。

~レイチェル・カーソン著 上遠恵子訳 新潮社『センス・オブ・ワンダー』より一部抜粋~



自然界の植物や動物たちとコミュニケーションをもち、愛や思いやりを感じることで、あなたのハートから周囲の人びとに、優しさや穏やかさ、静かな愛のエネルギーが流れてゆくでしょう。大人になっても、 「目に見えないものの美しさ」に目を見はる感性をもち続けていたいですね。


今月中旬、イタリア北部は水害に見舞われました。集中豪雨、雷雨、竜巻、土砂崩れなど、テレビの報道により、各地域で被害に遭われたと知りました。現在、収束に向かっております。

ハーブ栽培の温室が壊れ、何十万株の苗木が水浸しになっている映像をみると、胸が痛みました。自然界の妖精たちが農家の方々を助けてくれますように。そして、一日も早く元の生活に戻れるようお祈りしています。

暴風雨のなか、木々は静かに佇んでいました。日曜日には澄み渡る青空が広がり、海辺で沢山の人がペットと一緒にリラックス。茜色の朝焼けも、ローズ色の夕焼けも、とても綺麗でした。すべて良き方向へと自然界の精霊たちが働きかけてくれることを願っています。


では、みなさま良い週末をお過ごしくださいね☆




[PR]

by piccolo_fiore | 2014-11-21 00:49 |

イナ・シガール

e0274399_1931829.jpg
photo credit: akiko

知られざる「色」の効果とヒーリングパワー

うつくしい自然色のカード。
初めてみたとき、なんて素敵な言葉だろうと、胸にピピッと響くものがありました。

これまで「イメージングしましょう」といわれても、なかなかイメージするものがうまく掴めない、そもそもイメージする対象すら思い浮かばない、と思ったことがありませんか? 

そこでイナ・シガールさんのカードをご紹介します。
このカラー・カードには、イメージングするエクササイズもあるので、すんなりとイメージできるようになる、そんな気がします。とりもなおさず、その美しい自然界の色にすぅ~と導かれるのです。

「色」のパワーが、ポジティブなエネルギーをもたらし、プラスに働くというのも、とくに海に行くと体感できます。わたしは「アクア」の色がいちばんのお気に入り。もちろん、それぞれ45枚のカードも素敵です。大切な人への贈り物にもぴったりですね。カラフルなプレゼントにとても喜ばれるでしょう。


人生を喜びに満ちてポジティブなものに

イナ・シガールさんは自分自身と人生を癒すプロセスを通じて、「色」が持つパワフルで驚くべき能力を体験しました。そしてカラダの知性とコンタクトして情報を得る方法を発見したそうです。

「聖なる知性」とつながり、カラダからの声にそっと耳を澄ませば、健康状態や感情はもちろん、自分に起こっている出来事が、「なぜそうなのか」と腹に落ちてわかるようになります。

それらを癒すことで、人生を喜びに満ちてポジティブなものに、自分の力で変容させることにもプラスに働きます。それを心から受け入れることが自然とできるようになるのです。

ぜひ暮らしの中に好きな色や心豊かになるエッセンスを取り入れて、楽しくイキイキと生命力を高めましょう。


自然からインスピレーション

今すぐ自然の中に行けない方にも、カラー・カードがパワフルなエネルギーをもたらしてくれるのです。

また自然から受けるインスピレーションは、無限の力を秘めているので、最良のメッセージが受け取れるのではないかと思います。

そして自然の叡智は、自分にとっても、ほかの人々にとっても、素晴らしい贈り物となるでしょう。

次のとおり、その特徴をいくつか挙げます。ぜひ参考にしてくださいね。


ヴィジョナリー直観ヒーリングの特徴

・深い呼吸がカギ

・「色」のイメージやパワーから癒しがもたらされる
「色」のエネルギーボール、プロテクション、浄化、パワーチャージなど「色」のエレメントがもっている要素をフル活用できるようになる

・色、シンボルなどをとおして、自己の感情レベル、顕在意識レベル、潜在意識レベル、細胞レベルにおける身体からの独特な言語を受けとることができる

・デリートとインストールのプロセスを理解する

・ブロックやネガティブな信念を削除する

・望ましい考えや思考回路を再インストールする手法を学ぶ


今日からできるカラー・ヒーリング

「色」には驚異的な癒しのパワーが秘められています。このカードのメッセージを手元において、あなたを導くガイドとして、ぜひおすすめしたいと思います。

カラー・カードの使い方

・質問をしてカードを引く
・体にカードをのせる
・チャクラを浄化する
・ほかの人と一緒にカードを使う
・瞑想する
・色を食べる、色を飲む
・色を身にまとう
・色に包まれる
・自然の中で過ごす
・絵を描く
・クリエイティブになる

著者について:
イナ・シガール INNA SEGAL
『ヴィジョナリー直観ヒーリング(Visionary Intuitive Healing(R)』の創始者であり、国際的に認められているヒーラー。講演家、著述家、テレビ番組のホストとしても活躍。エネルギー医療の分野における草分け的な存在で、医師からCEO、ヘルスケアの専門家、俳優、有名スポーツ選手などのほか、様々なクライアントを持つ。人々が自らの力で治癒に向かって旅路を歩むのをサポートすることに生涯を捧げており、その実用的なヒーリング方法や、ウェブ・ラジオ・テレビ番組などを通して、世界中の何百万人もの人たちの人生に変化を起こしている。著書に『体が伝える秘密の言葉』ほか多数。(以上、amazonより引用)

パリ在住のセラピスト、ビズさんの翻訳です。ビズさんは、とっても正直で、ハートチャクラが開いた優しくチャーミングな女性。いつかお会いできることを楽しみにしております。*パリ 天使の詩はこちらです。




ご興味のある方は、ナチュラルスピリットさんのFacebookで色あざやかなカラーカードをご覧になってくださいね。こちらより一部引用させていただきました。



参考:
Visionary Intuitive Healing: http://www.innasegal.com
ナチュラルスピリット: http://www.naturalspirit.co.jp/
パリ 天使の詩: http://ameblo.jp/angels-rainbow/

ご訪問いただきありがとうございます056.gif
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-08-08 08:08 |

ローナ・バーン

e0274399_18521379.jpg
Angels In My Hair by Lorna Byrne

今年、ふとしたきっかけで、アイルランドの天使が見える作家、ローナ・バーンを知りました。

聖書は、聖霊が御心によって私たちのためにとりなしてくださる、と教えていますね。

ローナ・バーンはこう語っています。

亡くなった家族は、守護天使として天国であなたのために祈っています。

あなたが故郷に帰るとき、守護天使が天国まであなたの魂を連れてゆき、しばらくあなたと一緒にいてくれるでしょう。

そのうちあなたが天国にいるときは、守護天使が行ったり来たりするので、地球上での生活と違って、ずっと一緒にはいられないでしょう。

大天使ミカエルはこう言いました。天国にいる守護天使とあなたの魂が離れているとき、あなたの守護天使は、あなたの家族のため、そして今も生きている愛する人のために祈っているのです。

亡くなった家族の守護天使も、そして天国にいる祖先も、私たちのために祈ってくれているのだと知ると、それは本当に素晴らしいことですね。

あなたとあなたの家族や愛する人々を祝福します。

ローナ

Lorna Byrne
アイルランド在住。小さなころから天使や霊魂を目にし、彼らと言葉を交わすことができたが、逆にそのことによって周囲からは"知的障害者"と見られ、心ない言葉や態度に傷つけられてきた。貧しい生活の中で、結婚や子育て、家族との死別を経験しながら、それでも天使たちの教えやアドバイスに従って生きてきた彼女のもとには、現在も、病気や悩みをかかえた多くの人々が、魂の癒しを求めて訪れる。






ご訪問いただきありがとうございます056.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-06-24 04:31 |

ルイーズ・L・ヘイ

e0274399_2453395.jpg

今、ご家族の介護をしている方、看護に携わっている方が、とても大勢いらっしゃいますね。

本書は医療関係者のみならず、身の周りで心身が不調なお友達や同僚をもつ方々にも、
ぜひお勧めしたい一冊です。

そしてサプリメント、ハーブ、漢方薬による代替療法に興味のある方、ヨガや瞑想、
また、ヒーリングを学んでいる方、ヒーラーやセラピストとしてセッションを行っている方にも、
特にお勧めといえるかもしれません。

アファメーションに関心を持ち、理解を深めたいと思っていらっしゃる方にも役立つ一冊と感じました。
ぜひ、皆さんもご一読いただきたいと思います。とても参考になります。

ルイーズ・ヘイのアファメーションを唱え始めて、徐々に前向きな姿勢になり、自分自身を慈しみ、
人生が変わる可能性が大きくなります。

そして本当の自分と出会い、真の健康を取り戻すことが大切なのです。

心と身体が健康であるためには、思考を見つめなおしたり、生活習慣を改善したり、
食生活に十分気をつけたりすることは、すべて最良の方法といえるでしょう。

本書は伝統的な西洋医学と代替療法、直観力やアファメーションや医学を統合した本です。
第2章の自己診断テストで自身の健康状態が明らかになります。

そして各章では、一つの感情センターに関連する器官の健康状態について説明されます。

たとえば、第4章では第一の感情センターである器官(骨、関節、血液、免疫系、皮膚)について
調べます。それは各々の器官における症状の原因を解明することに役立ちます。

その器官と関連する感情を引き起こす人生のバランスをチェックします。

基本的に心の安寧や安心感のバランスが崩れている時、第一の感情センターに関する器官が
病気になる可能性が高くなります。

あなたが健やかに成長するために必要な家族や友人からのサポートを得られない場合、
不安な気持ちが骨、関節、血液、免疫系、皮膚の病気となって表れます。

第一の感情センターを健康に保つ鍵はあなたとあなたがおつき合いしている人々のニーズを
うまく調和させることです。(p45)

最後に、あとがきの中でルイーズ・ヘイがこう語ります。

健康と病気の両面における思考パターンを考察し、それが私たちの人生に
どのように影響を及ぼしていくのかが分かりました。

本書を活用することで健康で幸福な人生を切り開くことができるでしょう!

以上、『すべてうまくいく』より一部抜粋させていただきました。




『すべてうまくいく』 思考で治すヒーリングメソッド

著:ルイーズ・L・ヘイ、 モナ・リザ・シュルツ 訳:佐野 美代子


photo credit: symphony of love via photopin cc
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-02-23 00:00 |

すべてうまくいく♡

e0274399_2512572.jpg


世界中で愛されているルイーズ・ヘイ。

87歳のルイーズ。今も輝きつづけています

先月末、ルイーズの個展オープニング・パーティが催されました。
そのあとでルイーズはこう語っています。

「長い間ずっと、願い事リストに絵を描くことがありました」。

今日はルイーズのFBメッセージをシェアします。
昨年10月、お誕生日を祝福し喜びのメッセージ。

とっても素晴らしいです♡

∞----------∞----------∞----------∞----------∞---------∞


若い時、私は恐れと不安で胸が一杯でした。

だからみなさんの不安な気持はとてもよくわかります。

40代半ばを過ぎて本当の人生がはじまりました。

50歳で本を書きはじめ、最初の年収は42ドル。

55歳でコンピューターを習いはじめ、

今では3つのコンピューターをもち、

ipadとiphoneを携えて旅をします。

60歳で自分の庭をもち、アートクラスに参加。

70歳、80歳と年齢を重ねるたびに、

どんどん創造的な生き方をしています。

いま中高年で悩んでいる方々に

大丈夫!と私はいいたいのです。

~ルイーズヘイ~

Louise Hay- You can heal your life JAPAN より一部引用


∞----------∞----------∞----------∞----------∞---------∞





『すべてうまくいく』 思考で治すヒーリングメソッド

著:ルイーズ・L・ヘイ, モナ・リザ・シュルツ、訳:佐野 美代子






ルイーズ・ヘイが贈る最新作が発売されます (2014/2/4)



photo credit: symphony of love via photopin cc

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-02-02 00:00 |

ルイーズ・ヘイの新刊

e0274399_144654.jpg


今日は大好きなルイーズ・ヘイのお知らせです。

自らガンを克服し、世界で4000万部突破の著者

ルイーズ・ヘイが贈る翻訳本が発売されました。


世界中で愛されているルイーズ・ヘイ。

87歳のルイーズ。今も輝きつづけています。 


・゚・*:.。自分を慈しみ愛すること.。.:*・゚・


心身の不調を治癒する最高のメソッド。


体と心と魂にアプローチできる、

とてもシンプルで効果てきめんの

ヒーリングメソッドです。


本書が教えてくれるのは、

思考こそが病気の背後にある

真の原因だということ。


体と心を癒したら

最後は魂のヒーリングです。





『すべてうまくいく』 思考で治すヒーリングメソッド

著:ルイーズ・L・ヘイ、 モナ・リザ・シュルツ 訳:佐野 美代子


photo credit: Aih. via photopin cc
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-02-01 00:00 |

きみがくれたぼくの星空

e0274399_15202423.jpg

e0274399_18411831.jpg
きみがくれたぼくの星空
Che cosa ti aspetti da me?

はじめてこの本を見たとき、可愛らしい装訂だなあと思いました。

ほのぼのしたタイトル文字は愛らしく子どもっぽいイラスト画ですが、物語を最後まで読み終えると、まるで味わい深い映画を見たあとのように最初の第一印象ががらっと変わります。
人生にじーんと感動する愛の物語です。053.gif

翻訳者の泉さんが、あとがきに書かれています。

「この本はぜったい無理だ。泣かなかったら人間じゃないし、マンモスでもシラミでもない。
私は本読んでも泣いたりはしないほうだけれど、この本にはお手あげだった。
編集をしてくださった河出書房新社の木村由美子さんは電車のなかで原稿を読みながら
うるうるとなって困ってしまったと言う」。

わたしは泉典子さんの翻訳がとっても好きです。原作を読んでいないからわからないけれども、彼女は著者の描く世界、イメージを日本語で再構築することが巧い。すばらしい翻訳家だと思います。たとえば、主人公を「ぼく」としたことは、作品から自然に出てきた、とありました。そして、著者リカルツィは村上春樹の大ファ ンであるらしく、「世界一好きだ」と言ったとか。リカルツィからのテレパシーのせいか、訳の文章にちょっと春樹っぽいところがあるように思うと。こんな風に翻訳家の紡ぎだす世界でイタリア小説を愉しめることに感謝です。そして、著者の温かい目でイタリアの老人ホームの日常をユーモアたっぷりに描写しているところが可笑しくもあり哀しい気持ちになります。泉典子さん、いつも素敵な翻訳をありがとう。

本書は究極のラブストーリーである。016.gif
なぜ究極かといえば、愛し合うふたりが男は80歳代、女は70歳代という、合わせて150歳を超える年齢だからなのだ。こんな年齢だったら、ラブはどうしたってプラトニックに近くなる。しかしプラトニックなのは気持ちのほうではなくて、身体がそうさせるのだから悲劇的だ。身体の融合が困難なら気持ちのほうはその分だけはげしく、ひたむきに、熱烈にならざるをえない。
 
ふたりが愛をはぐくむ場所は、これまた究極の老人ホーム。
主人公は元数学者・物理学者、妻を亡くし、脳血栓で身体の自由を奪われ老人ホームに入所する。トンマーゾの曇天に霹靂をもたらしたのは、楽天的で天衣無縫の知性あふれる女性だった。トンマーゾとエレナの出会いは、ひとことで言えば、理性と感性の出会いであり、融合そのものであった。
 
エレナは辛辣な理性の人、トンマーゾの裏に「やんちゃ坊主」のような無心の子どもが隠れていることを見抜き、その魅力的な人柄に惹かれる。彼女はそんなトンマーゾがおかしくて、愛しくて、愛さずにはいられない。トンマーゾのほうは、愛と信仰に生きるエレナを通して、人生とは何かをふたたび考え、自分の内面に問いかけながら、愛こそが人生のエッセンスであることを、身を持って悟っていく。彼にそれを悟らせることは、エレナ以外の人には不可能だった。そこにこそ、恋愛の所以があり、神髄がある。トンマーゾは80歳を過ぎてからまさに恋愛の神髄を生きたのである。この恋はまさに本物だと、人生の甘い辛いをすべてを知ったからこそ味わえる恋なのだとつくづく感じさせられる。

本書はイタリアで2005年春に発売されると、たちまちベストセラーになった。
訳者のあとがきより抜粋。

著者紹介: ロレンツォ・リカルツィ(LORENZO LICALZI)
北イタリアのジェノヴァに生まれる。現在はピェーヴェ・リグーレに住み、心理学者として活動している。老人ホームをつくって運営していたが、数年前から心理学方面の仕事と本の執筆に専念。


Grazie mille053.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-08-20 06:00 |

カリール・ジブラン 

e0274399_16455934.jpg

結婚について
                                  
あなたがた二人は一緒に生まれた。それで、いつまでも一緒なのです。

共に過ごした月日を 死の白い翼が散らしても、あなたがたは一緒なのです。

しかし、それほど一緒の二人の間にも、自由な空間を置きなさい。

そして、そこに、天からの風をそよがせなさい。

愛し合っていなさい。しかし、愛が足かせにならないように。

むしろ二人の魂の岸辺と岸辺の間に、動く海があるように。

お互いの杯を満たしあいなさい。しかし、同じひとつの杯からは飲まないように。

お互いにパンを分けあいなさい。しかし、同じかたまりを食べないように。

一緒に歌い、一緒に踊り、共に楽しみなさい。

しかし、お互いに相手をひとりにさせなさい。

ちょうど、リュートの弦がそれぞれでも、同じ楽の音を奏でるように。

お互いに心を与え合いなさい。しかしあずけきってしまわないように。

なぜなら、心というものは、あの生命の手だけがつかむもの。

一緒にたっていなさい。しかし、近づき過ぎないように。

なぜなら、神殿の柱はそれぞれ離れて立ち、樫の木と杉の木は、

お互いの陰には育たないのですから。

カリール・ジブラン「予言者」より抜粋



[PR]

by piccolo_fiore | 2012-07-27 06:00 |

カリール・ジブラン

e0274399_16332250.jpg
今、カリール・ジブランの「預言者」という詩集を読んでいます。

カリール・ジブランは、「20世紀のウィリアム・ブレイク」とも称され、宗教・哲学に根ざした、壮大な宇宙的ヴィジョンを謳う詩や絵画を残し、その作風は後世いろいろな詩人や政治家に影響を与えた詩人といわれています。

また、皇太子妃だった当時の皇后美智子様がレバノン大統領から贈られたジブランの詩集「預言者」を愛読し、相談役の神谷美恵子さんにも紹介。精神科医の神谷さんが後に「預言者」の抜粋集を執筆するきっかけにもなったそうです。

皇室に嫁がれた美智子様がストレスで声が出なくなるほど悩み、苦しまれたときに繰り返し、繰り返し読まれたというジブランの詩集。また、マイケル・ジャクソンの愛読書のひとつであり、アメリカでは累計9百万部を超え、すでに30ヶ国語以上に訳され、数十ヶ国以上で2000万人以上の人に読まれています。「聖書の次によく読まれた本」と言われているそうです。

憧れの女性、心の師と仰いでいる方から「預言者」の詩集を贈っていただき、ページをめくるたびにその方を思い、いつも優しく励まされているような気がします。とても感謝の気持ちで満たされます。「預言者」の中の詩はどれもすばらしいですが、今日は「喜びと悲しみについて」をご紹介したいと思います。

喜びと悲しみについて

ひとりの女が言った。お話ください。
喜びと悲しみについて。
アルムスタファは答えて言った。
あなたの喜びは、悲しみの素顔。
笑いのこみあげてくる井戸は、
しばしば涙で溢れています。
そういうことなのです。

悲しみがあなたの存在をえぐれば、
えぐられたところにそれだけ喜びをたくわえることが出来ます。
あなたが葡萄酒を受ける杯は、
まさに陶工のかまどで焼かれたあの杯ではありませんか。
あなたの心を慰める楽器、リュートは、
もとは小刀でくり抜かれたあの木ではありませんか。

嬉しいときには、
自分の心の奥をのぞき込んでごらんなさい。
すると見つけるにちがいありません。
かつては悲しみの原因になっていたものが、
今は喜びの原因となっていることを。

悲しくて仕方のないときも、
心の奥をのぞき込んでごらんなさい。
すると、気づくにちがいありません。
かつては喜びであったことのために、
今は泣いているのだ、と。

あなたがたの誰かが言います。
「喜びは悲しみに勝る」と。
すると或るひとが言います。
「いや、悲しみの方こそ」と。

しかし私は言います。
喜びも悲しみも分けることは出来ません。
両方とも連れそって来て、
一方があなたと食卓についているとき、
忘れてはなりません。
もう一方はあなたの床に眠って待っているのです。

まことにあなたは秤のようです。
悲しみと喜びのあいだに懸かっていて、
空のときにだけ静止し、平衡をたもちます。

宝の持ち主が、
自分の金と銀を量ろうとあなたを持ち上げるとき、
あなたの喜びと悲しみも上がり下がりせざるを得ないのです。


Re:カリール・ジブラン『預言者』(佐久間彪訳)





[PR]

by piccolo_fiore | 2012-07-26 01:34 |

みえない星

e0274399_0213544.jpg


ある早朝の空、ぽつりとお月さまがみえました。
眼にみえないけれどお星さまてあるんだよね。



More
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-07-09 00:00 |