カテゴリ:歴史( 7 )

ボルジア家 ~The Borgias~

e0274399_2342652.jpg
(c) LB Television Productions Limited/Borgias Productions Inc./Borg Films kft
An Ireland/Canada/Hungary Co-Production. All Rights Reserved.

15世紀の終わりから16世紀にかけて、光と陰が共存するヨーロッパを強烈に描いたドラマについてご紹介いたします。「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」、史上最もスキャンダラスなローマ教皇アレクサンデル6世とその一族の愛と欲望を描いた歴史ドラマ。アカデミー賞に輝く名優J・アイアンズ主演。ローマ教皇、貴族の衣装の豪華さに目を奪われます。日本でもWOWOWで放映が始っているようです。イタリア中世時代にご興味のある方ご覧になってくださいね。
ほんとに強烈です・・・005.gif

ストーリー
猛烈な野心をもってローマ教皇の座を目指すスペイン出身のロドリーゴ・ボルジア枢機卿は、前代の教皇インノケンティウス8世が崩御した後、卑怯なやり方を使ってコンクラーベ(教皇選挙)を勝ち抜いて即位し、教皇アレクサンデル6世となった後も周囲を権力で支配しようとします。教皇でありながら美しい愛人を持ち、一族を使いあらゆる手段を使って教皇の座を守ろうとするアレクサンデル6世。大きく揺れていた中世時代の歴史的大河エンターティメントです。

中世のイタリアの背景
15世紀末、ヨーロッパでは小氷期と呼ばれる寒冷気候が一段と悪化し、人々は飢饉やペストなどの伝染病に苦しみ、国々は助け合うのではなく、戦争により争い、奪い合っていました。暖かい南にあり、都市文明が発達し、ルネッサンス文化が興隆に向かっていたイタリアも例外ではなく、ミラノ公国、ヴェネツィア、フィレンツェの両共和国、教皇国家、ナポリ王国の五大国が争っていました。死が身近にあるこの時代、宗教的指導者である教皇には、広く世界の人々に救いを与えることが期待されていたが、一方で教皇には、戦争さえ辞さない一国家の元首として有能な政治家であることも求められていました。その結果、教皇からは、宗教的指導者としてのカリスマ性が失われていたのです。

チェーザレ・ボルジア
息子のチェーザレ・ボルジアは、父親である教皇の権力を背景に、10年という短い期間でイタリア中部を権力下においた凄まじい人物です。マキアヴェッリの「君主論」の中で、理想的なリーダーとして挙げられていますが、冷酷非情なリーダーとして知られ、当時の人々から悪魔のように恐れられたチェーザレ・ボルジアです。マキアヴェッリは33歳の時、27歳のチェーザレに出会い、この青年君主が非常な勢いで上昇していく姿をつぶさに観察していたといいます。(参考:WOWOW
チェーザレ・ボルジアは冷酷、残忍だと思われていたが、その冷酷さによってロマーニャに秩序を形成して、平和と忠誠をもたらす事となった。(中 略)……愛情と恐怖を兼ね備えるのが最も理想的であるが、愛情は自らの利害によって簡単に破られるのに対して、恐怖は必ず降りかかる処罰の為に破られる事 は無い……(後略)— マキャヴェッリ 『君主論』 第17章

小説
昔も今も (サマセット・モーム)
ボルジア家の黄金の血 (フランソワーズ・サガン)
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (塩野七生)


[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-18 12:00 | 歴史

青のモザイク

e0274399_15412045.jpg

初期キリスト教時代の八角形の洗礼堂の内部には"キリストのモノグラムのモザイク"(5~6世紀)が残っています。この繊細で美しいブルーのモザイクには星空を背景に12鳩に囲まれたキリストのモノグラムがあります。その中央にはギリシャ文字のアルファとオメガが記された3つの同心円(三位一体のシンボル)があり、永遠なる生命が祝福されているようです。6世紀は日本の古墳時代にあたります。

夜空を感じさせる深い青、深く鮮やかな濃紺を見た時、パワーストーンのラピスラズリを思い出しました。ラピスラズリは「あらゆる幸運を呼ぶ石」と言われます。その歴史は古く、長い年月を経て今も尚、“最強の聖石”と讃えられている石です。ラピスラズリは“第三の目”を開かせる神秘の石だと言われます。直感力や洞察力を呼び覚まし、未来に起こる不運や災いから保護し、幸運へと導きます。事故や事件から身を守る魔除けの石です。

~Mosaico del Battistero di Albenga~
Mosaico del Battistero di Albenga

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-09 15:59 | 歴史

アルベンガの歴史

e0274399_15444960.jpg
リグーリアの風光明媚な海岸や山沿いには大小の城塞代わりとして築かれた村が点在しています。アルベンガの街の起源は周辺の街と同じくローマ時代までさかのぼります。ラテン名は「Albium Inganim」。元前3世紀にはポエニ戦争でローマ帝国に対抗してカルタゴ側として参戦し、ハンニバルの弟マゴーネはアルベンガに軍港を築きました。この地域一帯は中世以降それぞれを支配する権力者、ジェノヴァの四名家のドーリア家、スピノラ 家、グリマルディ家( 現在のモナコ公国の祖先)、フィエスキ家( ローマ法王を二人も出した名門 )や、フランス王室、サヴォイア家などの覇権争いから支配地の所有者が目まぐるしくかわりました。

Ref: Albenga impressioni e colori (Comune di Albenga Patrizia Valdiserra)
Bibliothèque Nationale de France


花のリヴィエラ便へ遊びに来てくださりありがとうございます056.gif

アルベンガの歴史 
アルベンガの伝説
ポンテルンゴの聖母
アルベンガの教会
6世紀の青モザイク
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-07 00:00 | 歴史

アルベンガの歴史 

e0274399_2475245.jpg

フランスの国境からイタリアのジェノヴァ近郊までをリグーリア海岸(Riviera ligure)と呼びます。リヴィエラと言う呼び方はイタリア語の海岸や湖岸を意味するRivieraから来ています。この地におそらく石器時代から住んでいたのはリグーリア人(liguri)という先住民族。現在もジェノヴァを州都とするリーグリア州にその名前を残していますが、文字をもたないこの民族の文献・考古資料は少なく、実態はほとんど解明されていません。ただ早くから河口の港が発展し、ローマの文献によれば、ギリシア人が通商のために寄港していたようです。ギリシア人はこの地を「セレネ(月の女神)の港」と呼び、ローマ人がその意を継承してルナ(Luna)と名づけたといわれ、半月形の地形のイメージがその由来ではないかという説があります。


>>アルベンガの歴史 
>>アルベンガの伝説 
>>ポンテルンゴの聖母

Ref: Albenga impressioni e colori
Comune di Albenga Patrizia Valdiserra

Photo by Roberto

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-06 06:00 | 歴史

アルベンガの伝説 

e0274399_4571918.jpg

アルベンガにはポンテルンゴの聖母が海賊を撃退したという伝説が残っています。
1637年6月末にサラセン人の海賊が近隣のチェリアーレを襲撃し略奪を行い、300人が奴隷として誘拐されました。その後、7月2日にアルベンガの沖合いに船団を集結させ海賊が街を攻撃しようと迫ります。ところが、アルベンガに海賊が迫ったとき、ポンテルンゴのマドンナと呼ばれる聖母が強烈な光を放ち、海賊はそのまばゆい光に目がくらみ船に逃げかえりました。聖母の光がサラセン人の襲撃からアルベンガ人を護ったという奇跡のお話です。毎年7月2日にアルベンガではポンテルンゴの聖母祭りがあります。

それにしても海賊て怖いですね~008.gif
今、チェリアーレの海岸沿いの通りには極楽鳥花が咲き乱れています。

またアルベンガには「きらめく光」にまつわる伝説がもうひとつあり、ハンニバルの弟マゴーネが軍港を築いた話やさまざまな歴史的エピソードがあります。小さな街だけれどもキラリと輝る小粒のピアスのような街、大変興味深い街だと思います。


>>アルベンガの歴史
>>ポンテルンゴの聖母
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-03 06:00 | 歴史

ポンテルンゴ ~Pontelungo~

e0274399_20192588.jpg

古代ローマ時代に建設されたポンテルンゴ(長い橋)。かつてこの土地に川が流れ、その上に架けられたポンテルンゴの長さは150メートル。ずいぶんと川幅が広かったこと!そして、13世紀半ばに何らかの事情で川の流れを変える工事が行われたそうです。過去、この土地に海洋国家の繁栄と富がもたらされ、潤沢な資本力、高度な土木技術をもつ人々が存在していたことを物語っています。

現在は、東側は車が走り抜ける幹線道路、西側には白と緑のコントラストが美しい花畑、マーガレットの花が栽培されています。遥かかなたの北、ピエモンテ州を越えて壮大な山々の景色、アルプス山脈が見えます。

古代ローマ人もこの「絵になる風景」を眺め、でこぼこの石がはめこんでいる舗石に注意しながら歩いたのかなと想像してみると、靴底をとおしてのぼってくる舗石の感触は、気の遠くなるほどの長い時間、太古から途切れることなく流れつづけている歴史時間というものを教えてくれているような気がします。

それにしても、ポンテルンゴからの風景は感慨深いものがあります。「土木が好きなローマ人」の残したもの、古代ローマ時代に建設されたこのポンテルンゴといい、海岸沿いのアウレリア街道(Via Aurelia)、ローマのアウレリア門を出て最終的にはアルルまで延伸された軍事的幹線道路は、約2000年間にわたって使われ続けています。ローマ人が残してくれた街道の思想をなぞると歴史という物語世界に魅了され、彼らについてもっと深く知りたいと思うようになります。


Photo by Roberto

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-05-02 20:37 | 歴史

Albengaの大聖堂 Cattedrale di San Michele Arcangelo

聖ミカエルの街アルベンガの大聖堂は4,5世紀に建てられたそうですが12世紀に再構築されました。地元の石や柱で建てられたロマネスク時代の教会で、その楚々とした姿はシンプルで美しい。よくよくファサードを観察してみると度重なる修復のせいかさまざまな様式のデザインが少々混ざっています。初期キリスト教時代に始まり、ロマネスク、ロマネスク・ゴシック、バロックといろいろな様式が複合しているようです。大聖堂の内部には19世紀のフレスコ天井画、彫刻や芸術作品があり、まるで時間が止まっているかのような静寂に包まれ中世時代の世界に誘われます。

e0274399_3201667.jpg


La cattedrale
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-04-12 16:15 | 歴史