カテゴリ:ピラミッド( 5 )

生体エネルギー

e0274399_6181142.jpg
The Invisible but Vital Life Energies of the Bosnian Pyramid Valley


ボスニアのピラミッド、目に見えない生体エネルギー

ボスニアのピラミッドでは高濃度マイナスイオンがRavneトンネル迷路内部やその他の谷でも検出されています。過去6年間、さまざまな測定が実施され、トンネル内部のマイナスイオンの数値レベルは、200立方センチメートル当たり40,000イオンまで到達し、驚異的な増加を示しています。

ここ120年間にわたる研究により、マイナスイオンとは、核の中の陽子より多くの電子をもつ、原子または分子であることが証明されています。またマイナスイオンが、空気中にある埃や、胞子や、カビや花粉などを浄化し、さらに人間にも健康促進に効果が高いことが実証されています。過去6年間、このマイナスイオンの豊富な場所で、地下トンネル内の迷路を訪れた何千人もの人が癒しの力を体験しています。

スロベニアの研究者ヤネス・ペルコ博士は、このトンネル迷路内で人間のオーラに対する影響を研究し、迷路内で1時間滞在した人のうち、ほぼ80%がその人がもつオーラが著しく増えるか、またはオーラの発生を実証しました。ヤネス博士の研究は、主にガス放電の可視化技術を発明したロシアの科学者、コンスタンチン.コロトコフ教授の研究の影響を受けています。それは、キルリアン写真を遥かに凌ぐ、人間のエネルギーフィールドを直にリアルタイムで視覚化できるようにしたものです。

このように古代文明の人たちは、目に見えない生体エネルギーの微細な効果を理解し、そのエネルギーを生成し、そして拡大する技術を発明したという結論に至りました。

ピラミッドは地球が発する癒しの力を増幅するといわれています。

出典:The Invisible but Vital Life Energies of the Bosnian Pyramid Valley
*キルリアン写真とは、対象物に高周波・高電圧を掛けて発生させたコロナ放電による発光現象を撮影したものです。


参照:ヨーロピアンピラミッドはこちら

花のリヴィエラ便りへ遊びに来ていただき、ありがとうございます056.gif



[PR]

by piccolo_fiore | 2013-11-02 06:24 | ピラミッド

ボスニアのピラミッド

e0274399_6325712.jpg
Image: Bosnian-Pyramid.com

2005年、ボスニアのピラミッドは、セミル・オスマナジッチ博士によって発見され、今も発掘調査が続けられています。そのピラミッド群は、ボスニアの中心部、ヴィソコの街に位置し、近年発見されたヨーロピアンピラミッドの中のひとつ。そして、ピラミッドの山頂には、中世の城壁の街、かつてボスニア王トゥブルトコ(1338-1391)の遺跡があります。また、メキシコの太陽のピラミッドと類似しているので、「ボスニアの太陽のピラミッド」と命名されました。さらに、その土地には、4つの古代構造物があり、それぞれが、月のピラミッド、ドラゴンのピラミッド、愛のピラミッド、地球の神殿と呼ばれています。

それ以来、ヴィソコに連なる三角形の丘は、論議を呼んでいます。ピラミッド説を否定する正統派の学者たちと真っ向から対立するのは、数多くの国内外の研究者たちを率いる、ボスニアのセミル・オスマナジッチ博士。オスマナジッチ博士によれば、この丘は人工的に造られピラミッド群だと言います。その中で太陽のピラミッドや月のピラミッドは、どちらもエジプトのピラミッドより規模が大きいものです。「一見、丘のようですが、三角形の四つの側面やへりが確認できます。そして、方位磁石を使って確認すると、四つの側面は東西南北の四方向とぴったりと一致するのです。ボスニアにある太陽のピラミッドは世界で最も正確に四方向を差しています」。

一方で、地質学会では、この丘は自然の岩と土でつくられた単なる自然造形物であり、ピラミッド説は信憑性に乏しいと考えています。それに対して、オスマナジッチ博士は人工構造物であるという証を発見したと主張しています。その理由は、次の点が挙げられています。

1. 入り口の地面が舗装されている
2. 地下にトンネルや小部屋がつくられている
3. 36トンにも及ぶ建築用コンクリートブロックも発見されている

オスマナジッチ博士はこう語ります。「太陽のピラミッドは全体がおよそ1800万トンのコンクリートで覆われています。このコンクリートを6つの研究所で分析されましたが、結論はどれも同じ。それは人工のコンクリートで、21世紀のものより三倍も品質が優れているという」。それでは、いったい巨大なピラミッドの建材をどこで手に入れたのでしょうか。ボスニアのピラミッドは、世界一大きなピラミッド複合体であるだけでなく、地球最古のもであると認められつつあります。



ヨーロピアンピラミッドはこちら



出典:
Bosnian-Pyramid.com
youtu.be:Ancient Aliens (NEW) - Season 5 Episode 1 - Secrets of the Pyramids
在ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館

参照:
生体エネルギー



つづきは次回へ。

花のリヴィエラ便りへ遊びに来ていただき、ありがとうございます056.gif


[PR]

by piccolo_fiore | 2013-11-01 01:17 | ピラミッド

エネルギーライン


e0274399_092085.jpg
Colorful Sunset over Hills Timelapse, Montevecchia, photo by RickyLoca

e0274399_2251319.jpg
THE ZEUS LINE (through Balkan) and its PARALLEL (through Italy)

イタリア半島のピラミッドは、ボスニア半島のピラミッドと並列し、同じエネルギーライン上に配置するという説があります。ヨーロッパおよび世界中に北西から南東のエネルギーラインが並行し、ヨーロピアンピラミッドとストーンボールの配置は、そのエネルギーラインに位置しているという。ハンガリーのJóoデニス博士が、ゼウスラインと呼ばれる、このエネルギーラインを発見しました。そして、ギリシャ神話ではゼウスの神が、オリンパスからハイパーボリアまで空を飛ぶとき、このエネルギーラインが使われたと語り継がれています。

バルカン半島のゼウスラインとピラミッド
ギリシャ~ボスニアのピラミッド
スロベニア~マリボルの北にあるピラミダの丘
ボスニア・ヘルツェゴビナ~ゼニツァとバニャ・ルカの大きな石のボール



イタリア半島のパラレルウエスト
イタリアのピラミッドの丘は、バルカン半島のゼウスラインと平行に配列し、イタリア半島の形状に沿って、直線上に並列していることが発見されました。

これまでイタリアの5つの場所でピラミッドの丘が発見されています。

1. モンテヴェッキア(Montevecchia)、ミラノの40キロ北
2. ポンタッシエーヴェ(Pontassieve)、フィレンツェの14キロ東
3. ピエディルコ(Piediluco)、ローマの100キロ北、テルニ付近
4. サンタ·アガタ·デ·ゴチ(Santa Agata dei Goti)、ナポリの40キロ北東
5. ヴェザーロ(Vesallo)、レッジョエミリア付近


e0274399_09591.jpg
B. V. del Carmelo, Montevecchia***


*オリンポス山にはギリシャの神々がその山頂に住んだと言われています。
**ハイパーボリアはクトゥルフ神話に登場する架空の地名。
***モンテヴェッキアのカルメル会修道院の丘(425 m)。


次回へつづきます。 

出典:european pyramids


花のリヴィエラ便りへ遊びに来てくださりありがとうございます001.gif056.gif
[PR]

by piccolo_fiore | 2013-10-06 00:00 | ピラミッド

モンテヴェッキア

e0274399_310131.jpg
Photo: Aerial view of the small village of Monte, Montevecchia, Italy
by Vincenzo DeGregorio


イタリア・モンテヴェッキアのピラミッドがエジプト・ギザのピラミッドと似ていることは一目瞭然です。

世界中のピラミッドについて作家のジェイソン・マーテルはこう語ります。
「海に隔てられ、交流がないのに、なぜ異なる古代文明の建築様式が似ているのでしょうか?」

モンテヴェッキアはイタリアのミラノから北東40キロ、レッコから約15キロ離れた場所に位置し、3つのピラミッドの形をした丘陵地に小さな村があります。2003年、イタリア人建築家ヴィンチェンツォ・デ・グレゴリオ氏が、モンテヴェッキアの丘を発見しました。

これが事実であれば、 ヴィンチェンツォ・デ・グレゴリオ氏がバルーンカメラの撮影で目にしたもの、これらの丘は巨大なピラミッドになります。最も高いもので150メートルあり、エジプトのギザのピラミッド(146m)を超える高さです。2003年5月、チェコの雑誌『WM 2003』でその研究のレポートが報告されています。


e0274399_6245563.jpg
距離P1-2 = 515メートル、P2-3 = 565メートル

e0274399_18494468.jpg
P1-2-3 モンテヴェッキア村からの眺め

e0274399_1850533.jpg
P1-2-3 スケッチオーバーレイ

e0274399_18502482.jpg
ピラミッドの丘の斜面にクローネ谷畑


チェコのWM誌 2007年10月の研究旅行より一部抜粋です。(抄訳)

2003年初め、イタリアのミラノから約30マイルにあるモンテヴェッキアのピラミッドは、衛星を使用し航空写真によって発見されました。

現在、その土地は地面や植生にすっかり覆われ自然の丘の姿をしていますが、チェコのWM誌のチーフ編集者であるゲオルク・ワーナー氏は、これらのピラミッドが存在する可能性が高く、モンテヴェッキアを訪ねるべきと考えました。2003年5月8日、彼らは現地調査に行きました。

その後、チームの調査報告は、WMの2003年6月号に掲載されました。最初のピラミッドは、50メートルの高さ、100メートルの底辺だと計算されました。プラットフォームも発見されました。合計3つの潜在的なピラミッドが発掘調査されました。1つのピラミッドでは地表面で、明らかに加工された石の構造物らしきものが発掘されました。長方形の石、18×9メートルの構造物も発見されました。全てのピラミッドの構造が42/43度に傾き、その側面は整列し、方位点から北東方位に約7から12度傾いていることが裏付けられました。

実際、この三大ピラミッドが、夏至の日の出にオリオン座の方向に整列する可能性を示唆していました。そして、チェコの研究調査チームはモンテヴェッキアが「イタリアのギザ」として知られるべきと考えました。

次回へつづきます。


イタリア語ですが、ご興味のある方はご覧ください。
FOTOGALLERY DELLE PIRAMIDI DI MONTEVECCHIA
Le piramidi di Montevecchia di Cinzia Montagna
Le piramidi di Montevecchia by DeGregorio report

出典:wikipedia
モンテヴェッキア(Montevecchia)は、人口2,467人のイタリア共和国ロンバルディア州レッコ県のコムーネの一つです。

Ref:Jason Martell
Knowledge Apocalypse: Ancient Astronauts & the Search for Planet X (Xfacts)

Ref:european pyramids
Ref:old europe




[PR]

by piccolo_fiore | 2013-10-01 00:00 | ピラミッド

イタリアのピラミッド

e0274399_3284781.jpg
Photo: Aerial view of the small village of Monte, Montevecchia, Italy,
by Vincenzo DeGregorio


北イタリアのミラノから40キロほど離れた場所に、モンテヴェッキア(Montevecchia)という小さな村があります。2003年、この村で3つのピラミッドが発見されました。

現在、ピラミッド丘は草や木に覆われていますが、3つのピラミッドは、エジプト・ギザの3つのピラミッドとほぼ同じ配置で並んでいます。

研究チームが発掘調査したところ、石の構造物らしきものが発見され、それらが建造された年代も、おそらく3000年以上前である可能性が高いそうです。

さらに謎なのは、エジプト・ギザのピラミッドも、モンテヴェッキア・ピラミッドも、オリオン座の三ツ星と同じ形で並んでいるという説。

いったい、何時、誰が、何の目的で建造したのでしょうか?
なぜオリオン座の三ツ星と同じ配列なのか、その謎は深まるばかりです・・・

Ref:European-Pyramids
Ref:old europe


次回へつづきます。




The pyramids of Montevecchia, made of soil and stone, were brought to the attention of modern scientists in 2003 by Vincenzo di Gregorio, an Italian architect and independent researcher specializing in georadar (sound-wave) detection of underground features. The pyramids are located approximately 40 kilometers northeast of Milan and 15 kilometers south of Lecco in Lombardy Italy. Orthodox thinking speculates that these pyramids were built by modern farmers who terraced existing hills. But the stones occasionally visible beneath the terrace layers tell a different story. Independent researcher Nenad Djurdjevic noted several features of these giant structures indicating both an ancient and an artificial origin.



[PR]

by piccolo_fiore | 2013-09-28 00:00 | ピラミッド