カテゴリ:アルベンガ( 63 )

フクロウの街


e0274399_55215.jpg

e0274399_561325.jpg

アルベンガ旧市街中の至るところに名家の旗が揚げられ、
サン・ジョバンニ、サン・シーロ、セント・エウラリア、サンタ・マリア地区で
夏の祭典、さまざまなイベントや各種トーナメントが行われました。

e0274399_575485.jpg

e0274399_1658531.jpg

旧市街地にはフクロウが住んでいます。
そのため、フクロウがセント・エウラリアのシンボルとなっています。
昔からヨーロッパではフクロウが大切にされてきました。

連日の夜、多くの観光客で賑わっていたのでフクロウもお疲れでしょうね・・・。
大きな瞳でじっと見つめ、すべてを見通しているような神秘の鳥。
その美しい姿はつぶさに人間を観察している、そんな風にも見えました。

e0274399_17444654.jpg


来年もアルベンガでPalio Dei Rioni が開催されます。
中世時代の衣装とか、音楽とか、見世物とか、面白いと思います。
ここは中世とつながっている、そう思ったとたん、すれ違う人々が
まるで次元を超えて、目の前に現れているように感じるのです。

「アルベンガに来るとホッとする」と皆さんが仰ります。

鐘楼の音が鳴り響き、歴史的建造物と石畳が魅力の旧市街地。
ゆったり流れる時間の中で、小鳥のさえずりや風の音、
海辺で静かな波の音に、そっと感覚を澄ませるうちに、
自然の優しく穏やかなエネルギーに癒されるのかもしれません。

Per informazioni
Ufficio Turismo Comune di Albenga
Palio Dei Rioni 2014

現地取材・滞在コーディネート、アテンドサービスを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
E-mail:albenga.fiori@gmail.com


ご訪問いただきありがとうございますemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-07-22 00:00 | アルベンガ

Buon anno!!

e0274399_18563515.jpg

e0274399_1857319.jpg

あけましておめでとうございます(^0^)
みなさまにとって素晴らしい、素敵な2013年でありますように!o(^-^)oワクワク
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
本日もご訪問いただきありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif
愛と感謝をこめて・・

Auguro a tutti voi uno stupendo, fantastico 2013!

[PR]

by piccolo_fiore | 2013-01-01 19:07 | アルベンガ

ノベラスコ物語

e0274399_216759.jpg
今から100年前、持続可能なビジネスを創め、地元で愛され続けているドライフルーツのブティック、ノベラスコ社の誕生物語をご紹介します。創業者のノベラスコ氏は先見の明をもっている人でした。自然からの恵み、いのちの循環を尊ぶ価値観。ノベラスコの在り方に興味をもって、調べてみると、地中海地域の果樹を使用し、少数多種な品揃え、食の安全を守り、オーガニック農法の研究など、これからの時代に必要とされるような、キーワードが頻繁にでてきます。

ドライフルーツとナッツのブランドとしてイタリアで人気のノベラスコ社。20世紀初期、若きベネデット・ノベラスコ氏は、将来はテクノロジーの著しい進歩と新しい輸送手段の発展により、国内外の貿易事業は益々発展していくことを予見します。まず最初に、地元の果物や野菜、モモ、アプリコット、アスパラガス、トマト、デリケートなアンティチョークを収穫し、アルベンガでパッケージ商品の販売を始めました。その後、海外貿易に進出し、ナツメヤシとレーズンを輸入します。フランスのマルセイユからナツメヤシの実を船積みで輸入し、アルベンガで加工、ドイツへ商品を出荷しました。これがマルセイエーズの誕生ストーリー。今日も伝統的なナツメヤシのパッケージは人気商品です。

e0274399_243394.jpg

ベネデットの息子、ピューレ・ルィージ氏は、第一次世界大戦末期に家業を継ぎ、2000年初期まで会社経営に携わります。その後、ヨーロッパに販路を広げようと冷凍車両を備えたイタリアの鉄道会社を用いてビジネスを進展させました。そうして貿易事業はイタリア全土に拡大し、国内の最大48カ所にノベラスコの倉庫が点在します。また、スペインからイタリアへアプリコットの輸入事業をはじめて展開しました。

e0274399_245978.jpg

ピューレ・ルィージ氏の経営手腕が発揮され事業は発展し、さらに彼の4人の息子がファミリービジネスに参入し、事業の専門化が進みます。そして、ノベラスコ社はドライフルーツ業界でイタリアのリーダー的存在となり、また世界中からも愛されています。

e0274399_2123039.jpg

ピューレ氏には発明の才があり、プルーンやほかの製品の加工処理に新技術を開発しました。ドライフルーツが風味を保ちながら、長期間でも店棚に陳列できるようになったのです。たとえば、オーガニック製品ソレルナは、良質な食べ物と生活改善のため企画開発され、世界初のソフトな無添加ドライフルーツをパッケージ商品にしました。

以上、2年前に環境NGOに投稿した翻訳より少し引用しました。いささか私見を述べると店内のインテリアは女性の特有の柔らかい雰囲気が上手く演出されているので、おそらく女性陣が手腕を発揮しているかと見受けます。あくまでも想像の話ですが、祖父の時代からマンマの存在が太陽となり、家族経営をサポートし、そのDNAが見事に受け継がれているのでしょうね。イタリアで着目すべき点は至る所に企業オーナーの魂が見受けられることです。特に食品関係は身近な世界。ワインしかり、チョコレートしかり。また伝統的なドルチェ(お菓子)の世界をつぶさに見ていくと一冊の本が書ける理由がわかります。イタリアの人が生来持っている衣食住へのこだわり、美意識は神さまの祝福でしょう。

長くなりました。最後までご覧いただきありがとうございました。

(出典:Noberasco

photo by Y.Yumiko
Noberasco S.p.a.Head Office
17031 Albenga (SV),
Regione Bagnoli - ITALIA
Telefono: (+39) 0182 - 5631
Telefax: (+39) 0182 - 540670
E-mail: info@noberasco.it



"海外旅行ならH.I.S.【海外航空券・海外ツアー予約】

"

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-29 06:00 | アルベンガ

クリスマスイヴ

e0274399_15335639.jpg
e0274399_1535840.jpg


今から約2000年前、
ひとりの男子が生まれました。
その名はイエス。

クリスマスという日は
イエス・キリストの生誕を祝う日。
心からの尊敬、感謝の気持ちをもって
世界中の人々が祝福します。

クリスマスおめでとう
Buon Natale!


明日はクリスマスイブですね。この季節、街で会う友人、全ての知人に「アウグーリ!」と挨拶を交わします。イエス・キリストの降誕を祝うクリスマスは、一年のうちで最も重要な行事です。巨大ツリーや華やかなイルミネーションも各地に登場しますが、日本の雰囲気とは少し違って、厳粛でロマンティックな雰囲気に包まれます。24日深夜にはヴァチカンをはじめ各地の教会で盛大にミサが行われ、クリスマスの25日と翌26日のサント・ステファノはお店やオフィスも休みになり、街中はひっそり静まり、教会の鐘が鳴り響きわたります。日本のお正月のように、仕事や学校などでふだん離れて暮らす家族も、この時期には帰省し、そろってのんびり過ごします。聖夜は家族団らんの時間。この世には身寄りのないお年寄りの方もいらっしゃいますが、心あたたかい友人やコミュニティの交流があります。また家のないワンコのために、街頭で新しい飼い主を求める姿があります。動物を愛するイタリアの人々はアニマルライツの保護活動に熱く真摯に取り組んでいます・・。凄いパワーです!

世界中の人々が平安で心穏やかにあたたかい雰囲気に包まれる聖夜を過ごせますように・・。皆さんもぜひ、ご家族やお友達と楽しいひと時をお過ごしくださいね。おいしいお料理とワインも忘れずに☆

e0274399_16293624.jpg

Grazie mille!emoticon-0152-heart.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-23 18:00 | アルベンガ

クリスマスの季節

e0274399_194323.jpg
(Crédit:Sia Homefashion)
もうすぐクリスマスですね。
わたしは風邪を引いてしまい3日ほど寝込んでいました(珍しいことです!)
皆様も寒さがつづきますがお風邪など召されぬようお気をつけください。

e0274399_014176.jpg

只今、翻訳に専念中です。(アキーロ、大人しく見守っててね)
しばらくブログをお休みさせていただきます・・。
のんびりマイペースなブログですが
どうぞよろしくお願いいたします。

いつもリヴィエラ便りに遊びに来てくださり
心よりお礼申し上げます。

素晴らしい一週間になりますように!

Grazie mille...


[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-01 06:00 | アルベンガ

愛のチカラ

e0274399_19194858.jpg

イタリアで、わたしを待っていたもの。それは、素晴らしい人たちとの出会いです。いよいよ、私の心の恩師である、憧れの女性、リディアの登場です。とっても、とっても、心があったかく、ほんものの愛の人。おどろくほど謙虚で聡明、素晴らしく頭のよい人。自然や動物を愛し、あらゆる人を平等に扱い、特別な優しいハートの持ち主です。あまりにも大切な人なので、彼女のことを書くのに、十数年くらい長い年月が必要だと感じていましたが・・・夕焼けを見ていたらパッと閃きを感じました。

e0274399_19212489.jpg


リディアは、ほんとうに素晴らしい人。まるで天使のような光の存在で、精霊が人間になったかのような感性の持ち主です。光輝く金髪、愛くるしい目、艶やかな肌、花のように美しく愛らしい女性。そして、奇跡的に綺麗な心をもっています。というのも、意識的に、魂を磨いて生きてきた方だと思うのです。

天真爛漫、優しく、穏やかで、どんな人にも平等で、無償の愛を与える人。人生でいちばん大切なのは「愛」だといつも言っています。愛を与えること、ありのままの姿で、人生を愛し楽しむこと、自分を大切にして、他人を自分のように愛する在り方を、さらりと自然体でみせてくださりました。若い頃から、彼女は動物を大切に、深く愛し、長年にわたってベジタリアンの生活を守り続けているのは、おそらく生命を尊重する気持からだと思います。彼女と一緒にいるといつも楽しく、アロマかお香、優しいジャスミンの香りの香りに癒されます・・。

この素晴らしいエネルギーに満ちた彼女と一緒にいるだけで、どれほど幸福感に包まれることか、言葉で言い表すことはむずかしい。まさにリディアは、私を導いてくださる、今生のスピリットガイドじゃないかと本気で信じています。この小さな街で、今のタイミングで出会ったのも、偶然という必然だと思うのです。なんと幸運なことでしょう。自然を愛し敬い、森羅万象の霊性をみる、まさに日本人の神道を理解している人に出会えるなんて・・。リディアは天からの贈り物です。小さな魔法使いでも、少し触れていますが、心に響く言葉で、いつも感動を与えてくれるのです。そしてとっても不思議で、明るく楽しい人です。

e0274399_19241448.jpg

1960年代、リディアは、ミラノで須賀敦子さんとお会いしたことがあります。須賀敦子さんとベッピーノさんが結婚する前ですから、須賀さんが、30歳前半の頃です。リディアは10代の頃。このお話を聞いたとき、わたしは卒倒しそうになりました。リディアと須賀敦子さんの接点。なんという運命の巡り合わせでしょう。想像しただけで、ドキドキして、心臓の鼓動が止まりません...。

e0274399_19292524.jpg

文学の女神、サラスヴァティーに愛されている翻訳家のひとり。リディアは、日本の古典文学の専門家であり、平安時代の文学をこよなく愛し、紫式部や清少納言の作品、平家物語といった、日本の代表的な古典作品をイタリア語に翻訳されています。彼女の仕事の部屋に行くと、40年間愛用されてきた辞書があって、かつて見たことのない色彩の辞書に、深い畏敬の念を抱かずにはいられません。何度も何度も辞書を引いたせいか、深い褐色色のアンティークな辞書は、世界にひとつしかないものです。彼女のゆたかな日本語、美しく洗練された言葉遣いは、長年通訳者として磨かれてきた賜物です。在イタリア日本国大使館の公認通訳翻訳者でもあります。

私のまずしい日本語の力では、とても、リディアのことを言いあらわせず、文章力のなさを感じつつ、書き綴っています。もう少しリラックス、深呼吸が必要なようです・・。イタリアにも、日本の文化を深く愛する女性たち、日本と海外の架け橋が存在すること、お伝えさせていただきました。感謝です。

愛のチカラとは、感謝の気持ちです。わたしたち人間のスピリット(精霊)は、次元を超越し、時空や距離をこえて、愛の力でつながっているとおもいます。意識の世界では、魂のつながり、愛のチカラで繋がっているという気がするのです・・。人間は霊魂の存在、と思えば安心ですね。

すばらしいご縁に感謝です。
愛と感謝をこめて・・


Grazie mille..

本日もご訪問ありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-11-22 00:00 | アルベンガ

諸聖人の祝日

e0274399_555532.jpg

今日はイタリアの国民の休日。諸聖人の祝日で爽やかな秋晴れの一日でした。昨日、冬のように寒く雨風に見舞われ、外に一歩も出られず、ずっと家の中で篭りっ放しのハロウィーンでした。諸聖人の祝日はカトリック教会の祝日の一つで全ての聖人と殉教者を記念する日。イタリアでは教会でミサを行い、あの世の存在を意識し、祖先への敬愛の念を示し、人々は墓参りに行きます。今朝から外に出掛けて色々と用事を済ませました。イタリアはカトリック教国なので国民の休日となれば、大半の店がお休み、午前中のみスーパーマーケットは営業していました。

冬の到来に合わせてブログの背景色をあたたかい色に変えてみました。emoticon-0100-smile.gif

本日もご訪問いただき、ありがとうございますemoticon-0155-flower.gif 

Grazie Mille!

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-11-01 23:00 | アルベンガ

牡牛座の満月

e0274399_0373537.jpg


e0274399_542295.jpg
毎朝、深呼吸して一日を気持ちよくはじめたいですね。



今夜は満月ですね。

すばらしいことが沢山ありますように・・emoticon-0115-inlove.gif

本日もご訪問いただき、ありがとうございますemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-10-30 00:00 | アルベンガ

ポルチーノの季節 

e0274399_19331980.jpg


イタリアで愛されているキノコ。ポルチーノは香りの女王様といわれるほど芳しい秋の味覚です。毎年、この時期になるとミルヴァがポルチーノを届けてくれます。はじめて彼女と会ったのは近所のスーパーマーケット。私がイタリアに来て間もない頃、キノコの王様、生のポルチーノを一目みたく出掛け、彼女にばったりと出会いました。「何を探してるの?」と聞かれ、「ポルチーノよ」と答えると彼女は一緒に探してくれました。その日、旬のポルチーノはまだ入荷されていなかったので、彼女にお礼を言って別れました。翌日、夫が仕事から帰宅した時、ポルチーニ茸を持っていました。「どうしたの?」と尋ねると夫が答えました。「今日、ミルヴァから貰ったんだ」。彼女は夫の職場までポルチーノを届けてくれたのです。

ポルチーノは自然発生品を採集するしかないため、生のきのこが出回る時期は限られます。毒キノコもあるので目利きのきく人に頼ることがいちばん安心です。地元の人は林中で食用きのこを採集し、うすくスライスにし乾燥させて保存します。

数年前、ミルヴァはロシア人の兄妹を養子に迎えました。今、子供たちは10歳近くになり、イタリアの学校に通い言葉もはやく覚え、子供の充実した暮らしぶりを人づてに聞きました。時々イタリアでは、肌の色が違う親子に出会います。ロシア、アフリカ、アジアの子供たちを養子に迎え、母親と幼い子供が手を繋いで歩いている姿にはキリスト教の精神が在ります。

今週は友人たちに沢山お世話になりました。ファブリッチョが沢山のグラスを届けてくれました。エンジーノが漆喰壁の手入れ法を教えてくれました。リディアから素晴らしいギフトを頂きました。時折、コミュニティ(共同体)の豊かさ、生身の人間がもつリアリティについて、肌身で感じることなど書き綴ってみたいと思います。目に見えない豊かさについて・・

みなさま、どうもありがとうございます。emoticon-0115-inlove.gif
愛と感謝をこめて・・


確実に幸福な人となる
ただ一つの道は人を愛することだ

ロシアの小説家
L.N.トルストイ



[PR]

by piccolo_fiore | 2012-10-26 19:48 | アルベンガ

持続可能なオーガニック 

e0274399_17415311.jpg

「持続可能性の考え方を取り入れ、食の安全を守ること」。先代からノベラスコの伝統は今もなお受け継がれています。近年、世界中で食の安全に対して関心が高まっていますが、イタリアの郷土料理や日本の和食文化の伝統は、本当に素晴らしいと思います。

オーガニックて、どんな食べ物?
オーガニックとは、すべて無農薬、無化学肥料、無除草剤で農作物を栽培し、地球の自然のリズムに従い、長期間にわたって肥沃な農地を維持できる有機栽培。良質の果物を栽培し、化学肥料や除草剤、農薬の残余がないうえ、自然へ悪影響を及ぼすことなく、自然環境を保護します。ノベラスコ・バイオ・オーガニックは、ナチュラルでヘルシーなドライフルーツ。すべてこの有機栽培で作られています。化学肥料や除草剤、農薬を用いらず、また添加物、人口着色料や遺伝子組み換え品を一切使わずに、有機栽培で育まれています。


photo by Y.Yumiko
(出典:Noberasco

本日もご訪問いただき、ありがとうございました。emoticon-0155-flower.gif
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-10-09 06:00 | アルベンガ