カテゴリ:音楽( 8 )

音楽は最良のヒーリング

e0274399_131674.jpg
Photo credit: akiko.


ヒーリング・ミュージックとは、心理的な安心感を与えたり、
気持ちをリラックスさせたりするために作られた音楽のこと。
癒し系音楽とも呼ばれています。

波の音や川のせせらぎ、鳥のさえずりなど
自然界に存在している音色には、曇ったマインドを
クリアーにしてくれる作用がありますよね。

それぞれのチャクラにも適した音楽があるので
少し覚えておいてくださればと思います。

まずルートチャクラ(第1のチャクラ)には
どっしりと地に足のついた音楽がいいでしょう。

映画『ラスト・オブ・モヒカン』のサウンドとか、
太鼓の音色やパンフルートの音などもいいですね。

セイクラルチャクラ(第2のチャクラ)には、
浜辺に打ち寄せる波の音や小川に降る雨の音
ゆらぎを宿す音などを聴いてみるといいでしょう。

またクラシック音楽にも、流れるような音感をもつ、
グリーグやショパンなど美しいピアノ曲もおすすめ。

バッハの「G線上のアリア」など。

ソーラープレクサス・チャクラ(第3のチャクラ)には、
パワフルでこころを奮い立てるような大曲。

ラフマニノフの「ピアノコンチェルト二番」のような
パワフルでエモーショナルな音楽など。

ハート・チャクラ(第4のチャクラ)には
穏やかで愛にあふれた音楽がいいですね。

リチャード・クレイダーマンの美しいピアノ曲など
渚のアデリーヌ」とか。

音楽はとてもパーソナルなもので、
自分の成長に合わせて好みも変化するでしょう。


幸せと魅力の宝庫
                   
今、あなたは幸せを感じてる?
今、あなたは喜びを得られてる?
あなたは恵みを受け取れてる?

幸せになりたい、でも思うように生きることができない
そんなふうに思っているなら
このチャクラのバランスが崩れているかもしれません。

いまエナジーヒーリングで第2チャクラを癒し浄化し
チャクラヒーリングの秘訣をお伝えしています。


よろしければ体験セッションをやっているので
ご興味のある方、こちらをクリックしてください。

女性性を癒すためのエナジーヒーリング☆月経困難症、
生理痛などの子宮にトラブルを抱えている方へ


女性性エネルギーを高めたい...
愛されピュアオーラになりたい...
自然に漂うフェロモンを手に入れたい...

そんなふうに思っている方、おすすめです

腰痛などのストレスをやわらげるためにも
ささやかながらお役に立てますと幸いです。

心を込めてヒーリングを送らせていただきますね。



あたらしいwebサイトを立ち上げましたので
お時間のある時にお越しいただけると嬉しいです。
Reiki Garden ∞ Heart Omega Healing ∞


最後までお読みいただきありがとうございます。
すてきな夏をおすごしください♪

Thanks to Creator Source for all.

Deborah King Center Certified
LifeForce Chakra Healer
Sibilla

[PR]

by piccolo_fiore | 2015-07-10 21:58 | 音楽

ディーヴァの魂

e0274399_0381165.jpg
photo credit: akiko

カンツォーネ&イタリアン・ポップス女王的存在

1978年のライブを最後にMinaは人前で歌うことやめ、幻の歌手となりました。クラブ歌手からスタートし、1958年(当時18歳)にデビュー。魅力的な美貌もあって一躍トップスターとなり、その並外れた歌唱力から天才歌手と称されているほど。華やかで力強い歌声は、多彩な音域がすばらしく、イタリアの美空ひばりといわれています。なぜあの伸びやかな歌声は魂を揺するのか。それは彼女がどんな人生を歩んできたか、本当のことは誰もわからないけれども、全身全霊ディーヴァの魂を感じるから。きっと過去生でも歌姫か、プリマドンナだったのでしょうね。いずれにしても、ミーナの歌を聴けば、この世にディーヴァの魂が存在することがわかります。女王ミーナは今も現役のオルネラ・ヴァノーニ、ミルバと並んで三大プリマドンナとも称されてきました。歌姫たちはこれからもカンツォーネとともに愛されてゆくでしょう。

La voce del silenzio(静かなる声)、魂を揺さぶる声を聴いてみてくださいね。




"Se telefonando"  by Mina Mazzini
60年代とはガール・ポップの最盛期。フェアリーの登場です。
若いころのミーナは妖精みたいですね。







ご訪問いただきありがとうございますemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-08-22 00:47 | 音楽

クリスタルの曼荼羅

e0274399_23853.jpg
Photo: Crystal Mandala's

クリスタルの曼荼羅、素敵な動画と出合ったので、シェアしたいと思います
毎朝、時間があるとき、アメジストの天然石を手にして瞑想すると、
心のざわざわが消えて、とても落ち着きます。クリスタルと瞑想、おすすめです。


Crystal Mandala's - Sacred Geometry Healing Art with Crystals


パワーストーンの王者「水晶」はあらゆる幸運を呼ぶ石。
ローズクォーツは、愛と美の女神アフロディーテを象徴する「愛と癒し」の天然石。

クリスタルには、不思議な力がありますね。
はじめて石のエネルギーに接したのは純粋無垢な水晶玉。
その水晶に手をかざすとあたたかく優しい波動を感じました。

今でも、水晶とアメジストのクラスターを大切にしています。
アメジストを持つと直観力が冴えてくるのです。

Crystal Healing Art ほんと素敵すぎる~
Ref. http://www.crystalhealingart.nl/crystal-mandala.html




石がお好きな方、自分にぴったりの石と出会いたい方、
ヒーラー、スピリチュアル・ワーカーにおすすめの本

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-26 12:00 | 音楽

クリスマスソング

e0274399_17225272.gif

朝はたいてい瞑想したり、音楽を聴く時間をつくります。音楽を聴くと一日の活力が湧いてきます。大好きなクリスマスソングといえば、色々ありますが、まずイタリアのテノール歌手、アンドレア・ボッチェッリのクリスマスソングをご紹介します。子ども達と一緒に楽しそうに唄うアンドレアは、この世でもっとも独特の声を持ち、彼の郷愁トスカーナを思いださせ、また音楽への情熱とその美声で世界中を魅了しています。「自分が子供の頃好きな歌手に感動し、涙し、夢見たように、自分の歌声で人々を感動させたい」。アンドレは、人生に、音楽に、情熱をもって望みつづけ、その情熱に人々は魅了され、彼の歌声に静かな感動を覚えます。


アンドレアは、トスカーナ地方の村、ライヤティコに生まれました。6歳でピアノを始め音楽の道に進むものの、12歳の時にサッカーボールを頭に受け脳内出血を起こし失明。障害を乗り越えて法学博士号を取得し弁護士として活躍していましたが、歌手になる夢は捨てきれずにいました。その後、世界的なテノール歌手であるルチアーノ・パヴァロッティとイタリアを代表するロック&ポップス歌手のズッケロに見出され、1994年にデビューを果たしました。


Le più belle canzoni di Natale
Le più belle città a Natale
(John Lennon, Enya, Mariah Carey,Celine Dion,etc)

世界中の美しいクリスマスソング、美しいイルミネーションです。
バーチャルトリップを楽しみましょう・・・emoticon-0155-flower.gif



(出典:Wikipedia)

Grazie mille!emoticon-0152-heart.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-19 18:00 | 音楽

フランス映画「最強のふたり」

e0274399_2382956.jpg
(c) 2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

沢山、笑って泣ける映画”Les Intouchables”を観て凄く感動しました。邦題は「最強のふたり」。最後まで飽きることなく、素敵なラストシーンに温かい気持ちで胸が一杯に。千載一隅の出会いでふたりの人生が輝き始める。名優フランソワ・クリュゼがフィリップ役を巧みに演じ、ドリス役のオーマル・シーの笑顔がすばらしく美しい。感動の実話を素晴らしい映画に仕上げた若き二人の監督、彼らの才能に乾杯したい。音楽センスも抜群。ヴィヴァルディの”Four Seasons”やアースウインド&ファイヤーの”September”など名曲が満載。優美なクラシック音楽、軽快なポップミュージックが心十分に愉しめ、ふたりの別世界を効果的に演出している。わたしのイタリア語力では微細な部分まで、十分に理解することが難しく、ググるとこちらのブログで、つまびらかにストーリーが紹介されています。フランスの現実、社会背景を知ることで、この映画が克明に描く「レ・ザントゥシャーブル」、そのタイトルの意味がすっと腑に落ちました。イタリア語タイトルは”Quasi.Amici.”。

別世界に住むふたりが、まさかの友になる。
スラム街出身で無職の黒人青年ドリス。
パリの邸に住む大富豪フィリップ。
最強のふたりが起こす、最高の奇跡。
人生はこんなに予測不可能で、こんなに垣根がなく、
こんなに心が躍り、こんなに笑えて涙が溢れる。






(出典:映画『最強のふたり』公式サイト)
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-09-29 00:00 | 音楽

アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭 ~ Arena di Verona Festival~

e0274399_16423933.jpg


アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭は、イタリアのヴェローナで毎年夏に開催されるオペラ音楽祭。会場はアレーナ・ディ・ヴェローナ。3万人を収容できる古代ローマの円形競技場の遺跡で、公演は夕暮れから始まり、観衆は日が落ちると持参した小さなキャンドルをともすのが伝統。真夏の夜空をバックに演じられる壮大なスペクタル・オペラが多くの観客を魅了する。

演奏プログラム
ドン・ジョヴァンニDON GIOVANNI(モーツァルト)、アイーダAIDA(ヴェルディ)、カルメンCARMEN(ジョルジュ・ビゼー)、ロミオとジュリエットROMÉO ET JULIETTE(シャルル・グノー)、トスカTOSCAとトゥーランドットTURANDOT(ジャコモ・プッチーニ)。2012年6月22日から9月2日まで演奏期間。

シェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」の舞台として有名なヴェローナ。ジュリエットの家「Casa di Giulietta」のバルコニー、ローマ時代の遺跡や中世の城や館が点在している。昔、ヴェローナを訪れたとき、市街地を離れ川沿いを歩くと静かな情景が広がり中世の城が美しい街だったことを思い出す。

アクセス:
電車:ミラノ、ヴェネツィア駅よりヴェローナ・ポルタ・ヌォーヴァVerona Porta Nuova駅にて下車。
ユーロスターES、インターシティICにより所要時間、約1時間半。
車:高速道路Autostrada A4のVerona SudまたはA22のVerona Nordが出口。
飛行機:ヴェローナ・ヴィッラフランカ空港。空港より国鉄ポルタ・ヌォーヴァ駅へ約20分おきに
バスが順行、所要時間15分。

Arena di Verona Festival




Photo by Roberto

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-07-12 00:00 | 音楽

愛の音楽家 ~ Salut D'Amour~

e0274399_14264184.jpg

e0274399_1930678.jpg

今年の夏、ロンドンオリンピックが楽しみですね。イギリスはわたしの大好きな国のひとつです。emoticon-0115-inlove.gif
イギリスの国民的作曲家といえばサー・エドワード・エルガー。彼の優しくて親しみやすいメロディは、甘いイタリアン・ドルチェのように人々を魅了し、まさに彼の人柄がそのまま作品に表れていような気がします。チャーミングで優しいメロディの「愛の挨拶」は、エルガーが32歳の時の作品で8歳年上の夫人に捧げられた愛らしい曲です。また代表作のひとつ、勇壮でフルサウンドの曲「威風堂々」第1番の中間部のメロディはイギリスの第二の国歌として愛唱されています。エルガーは数多くの名曲を残しましたが、序曲「南国にて(Alassio)」は1903年から1904年にかけての作品です。エルガーは家族と休暇でアラッシオ(Alassio)に滞在しすっかりこの地に魅せられて、その想い出がこの曲に込められているそうです。またエルガーは愛妻家として知られ、彼は妻のためにたくさんの曲を書き、バイオリンとピアノのための小品「愛の挨拶」はその代表作です。生涯妻を愛しつづけたエルガーは63歳の時に妻に先立たれてからほとんど作品を書かなくなってしまいました。エルガーの作品は妻への愛の結晶だったのです。ぜひ一度エルガーの作品に触れてみてくださいね。 きっと、心に響く素敵なメロディに出会えると思います。

Photo by Roberto





Sir Edward William Elgar

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-06-05 06:00 | 音楽

逢いびき ~L'appuntamento~

オルネッラ・ヴァノーリが歌う70年代に大ヒットした「L'appuntamento」(ラプンタメント)。
わたしの大好きな曲です。BS「小さな村の物語 イタリア」の番組で流れていたイタリアン・ポップス。オルネッラ・ヴァノーリの歌声、その麗しいメロディに聴き覚えのある方も少なくないでしょう。彼女の魅力はなんといってもエレガンス。ボサノヴァの空気も感じます。ラプンタメント、悲しい恋の歌なのだけれども・・・



Ornella Vanoni (1971)
e0274399_0202499.jpg

白胡蝶蘭と白アジサイ。~SISLEYのディスプレイ~




Grazie milleemoticon-0152-heart.gif

本日もご訪問いただき、ありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-04-20 04:21 | 音楽