<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

花の精霊

e0274399_15302745.jpg


花を見て

美しいと感じる心が自身に生じるのは、

花の精霊の働きを

自身の魂が感知したからととらえるのだ。

美しいと感じる心が強ければ強いほど、

精霊への感知力が強いことになる。

精霊たちは人間より高い次元へと導き、

より美しくさせる力をもつ。

-道家の祖・老子-

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-29 14:03 | 言葉

ノベラスコ物語

e0274399_216759.jpg
今から100年前、持続可能なビジネスを創め、地元で愛され続けているドライフルーツのブティック、ノベラスコ社の誕生物語をご紹介します。創業者のノベラスコ氏は先見の明をもっている人でした。自然からの恵み、いのちの循環を尊ぶ価値観。ノベラスコの在り方に興味をもって、調べてみると、地中海地域の果樹を使用し、少数多種な品揃え、食の安全を守り、オーガニック農法の研究など、これからの時代に必要とされるような、キーワードが頻繁にでてきます。

ドライフルーツとナッツのブランドとしてイタリアで人気のノベラスコ社。20世紀初期、若きベネデット・ノベラスコ氏は、将来はテクノロジーの著しい進歩と新しい輸送手段の発展により、国内外の貿易事業は益々発展していくことを予見します。まず最初に、地元の果物や野菜、モモ、アプリコット、アスパラガス、トマト、デリケートなアンティチョークを収穫し、アルベンガでパッケージ商品の販売を始めました。その後、海外貿易に進出し、ナツメヤシとレーズンを輸入します。フランスのマルセイユからナツメヤシの実を船積みで輸入し、アルベンガで加工、ドイツへ商品を出荷しました。これがマルセイエーズの誕生ストーリー。今日も伝統的なナツメヤシのパッケージは人気商品です。

e0274399_243394.jpg

ベネデットの息子、ピューレ・ルィージ氏は、第一次世界大戦末期に家業を継ぎ、2000年初期まで会社経営に携わります。その後、ヨーロッパに販路を広げようと冷凍車両を備えたイタリアの鉄道会社を用いてビジネスを進展させました。そうして貿易事業はイタリア全土に拡大し、国内の最大48カ所にノベラスコの倉庫が点在します。また、スペインからイタリアへアプリコットの輸入事業をはじめて展開しました。

e0274399_245978.jpg

ピューレ・ルィージ氏の経営手腕が発揮され事業は発展し、さらに彼の4人の息子がファミリービジネスに参入し、事業の専門化が進みます。そして、ノベラスコ社はドライフルーツ業界でイタリアのリーダー的存在となり、また世界中からも愛されています。

e0274399_2123039.jpg

ピューレ氏には発明の才があり、プルーンやほかの製品の加工処理に新技術を開発しました。ドライフルーツが風味を保ちながら、長期間でも店棚に陳列できるようになったのです。たとえば、オーガニック製品ソレルナは、良質な食べ物と生活改善のため企画開発され、世界初のソフトな無添加ドライフルーツをパッケージ商品にしました。

以上、2年前に環境NGOに投稿した翻訳より少し引用しました。いささか私見を述べると店内のインテリアは女性の特有の柔らかい雰囲気が上手く演出されているので、おそらく女性陣が手腕を発揮しているかと見受けます。あくまでも想像の話ですが、祖父の時代からマンマの存在が太陽となり、家族経営をサポートし、そのDNAが見事に受け継がれているのでしょうね。イタリアで着目すべき点は至る所に企業オーナーの魂が見受けられることです。特に食品関係は身近な世界。ワインしかり、チョコレートしかり。また伝統的なドルチェ(お菓子)の世界をつぶさに見ていくと一冊の本が書ける理由がわかります。イタリアの人が生来持っている衣食住へのこだわり、美意識は神さまの祝福でしょう。

長くなりました。最後までご覧いただきありがとうございました。

(出典:Noberasco

photo by Y.Yumiko
Noberasco S.p.a.Head Office
17031 Albenga (SV),
Regione Bagnoli - ITALIA
Telefono: (+39) 0182 - 5631
Telefax: (+39) 0182 - 540670
E-mail: info@noberasco.it



"海外旅行ならH.I.S.【海外航空券・海外ツアー予約】

"

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-29 06:00 | アルベンガ

クリスマスイヴ

e0274399_15335639.jpg
e0274399_1535840.jpg


今から約2000年前、
ひとりの男子が生まれました。
その名はイエス。

クリスマスという日は
イエス・キリストの生誕を祝う日。
心からの尊敬、感謝の気持ちをもって
世界中の人々が祝福します。

クリスマスおめでとう
Buon Natale!


明日はクリスマスイブですね。この季節、街で会う友人、全ての知人に「アウグーリ!」と挨拶を交わします。イエス・キリストの降誕を祝うクリスマスは、一年のうちで最も重要な行事です。巨大ツリーや華やかなイルミネーションも各地に登場しますが、日本の雰囲気とは少し違って、厳粛でロマンティックな雰囲気に包まれます。24日深夜にはヴァチカンをはじめ各地の教会で盛大にミサが行われ、クリスマスの25日と翌26日のサント・ステファノはお店やオフィスも休みになり、街中はひっそり静まり、教会の鐘が鳴り響きわたります。日本のお正月のように、仕事や学校などでふだん離れて暮らす家族も、この時期には帰省し、そろってのんびり過ごします。聖夜は家族団らんの時間。この世には身寄りのないお年寄りの方もいらっしゃいますが、心あたたかい友人やコミュニティの交流があります。また家のないワンコのために、街頭で新しい飼い主を求める姿があります。動物を愛するイタリアの人々はアニマルライツの保護活動に熱く真摯に取り組んでいます・・。凄いパワーです!

世界中の人々が平安で心穏やかにあたたかい雰囲気に包まれる聖夜を過ごせますように・・。皆さんもぜひ、ご家族やお友達と楽しいひと時をお過ごしくださいね。おいしいお料理とワインも忘れずに☆

e0274399_16293624.jpg

Grazie mille!053.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-23 18:00 | アルベンガ

クリスマスソング

e0274399_17225272.gif

朝はたいてい瞑想したり、音楽を聴く時間をつくります。音楽を聴くと一日の活力が湧いてきます。大好きなクリスマスソングといえば、色々ありますが、まずイタリアのテノール歌手、アンドレア・ボッチェッリのクリスマスソングをご紹介します。子ども達と一緒に楽しそうに唄うアンドレアは、この世でもっとも独特の声を持ち、彼の郷愁トスカーナを思いださせ、また音楽への情熱とその美声で世界中を魅了しています。「自分が子供の頃好きな歌手に感動し、涙し、夢見たように、自分の歌声で人々を感動させたい」。アンドレは、人生に、音楽に、情熱をもって望みつづけ、その情熱に人々は魅了され、彼の歌声に静かな感動を覚えます。


アンドレアは、トスカーナ地方の村、ライヤティコに生まれました。6歳でピアノを始め音楽の道に進むものの、12歳の時にサッカーボールを頭に受け脳内出血を起こし失明。障害を乗り越えて法学博士号を取得し弁護士として活躍していましたが、歌手になる夢は捨てきれずにいました。その後、世界的なテノール歌手であるルチアーノ・パヴァロッティとイタリアを代表するロック&ポップス歌手のズッケロに見出され、1994年にデビューを果たしました。


Le più belle canzoni di Natale
Le più belle città a Natale
(John Lennon, Enya, Mariah Carey,Celine Dion,etc)

世界中の美しいクリスマスソング、美しいイルミネーションです。
バーチャルトリップを楽しみましょう・・・056.gif



(出典:Wikipedia)

Grazie mille!053.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-19 18:00 | 音楽

クリスマスの季節

e0274399_194323.jpg
(Crédit:Sia Homefashion)
もうすぐクリスマスですね。
わたしは風邪を引いてしまい3日ほど寝込んでいました(珍しいことです!)
皆様も寒さがつづきますがお風邪など召されぬようお気をつけください。

e0274399_014176.jpg

只今、翻訳に専念中です。(アキーロ、大人しく見守っててね)
しばらくブログをお休みさせていただきます・・。
のんびりマイペースなブログですが
どうぞよろしくお願いいたします。

いつもリヴィエラ便りに遊びに来てくださり
心よりお礼申し上げます。

素晴らしい一週間になりますように!

Grazie mille...


[PR]

by piccolo_fiore | 2012-12-01 06:00 | アルベンガ