<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クリスタルの曼荼羅

e0274399_23853.jpg
Photo: Crystal Mandala's

クリスタルの曼荼羅、素敵な動画と出合ったので、シェアしたいと思います
毎朝、時間があるとき、アメジストの天然石を手にして瞑想すると、
心のざわざわが消えて、とても落ち着きます。クリスタルと瞑想、おすすめです。


Crystal Mandala's - Sacred Geometry Healing Art with Crystals


パワーストーンの王者「水晶」はあらゆる幸運を呼ぶ石。
ローズクォーツは、愛と美の女神アフロディーテを象徴する「愛と癒し」の天然石。

クリスタルには、不思議な力がありますね。
はじめて石のエネルギーに接したのは純粋無垢な水晶玉。
その水晶に手をかざすとあたたかく優しい波動を感じました。

今でも、水晶とアメジストのクラスターを大切にしています。
アメジストを持つと直観力が冴えてくるのです。

Crystal Healing Art ほんと素敵すぎる~
Ref. http://www.crystalhealingart.nl/crystal-mandala.html




石がお好きな方、自分にぴったりの石と出会いたい方、
ヒーラー、スピリチュアル・ワーカーにおすすめの本

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-26 12:00 | 音楽

過去・現在・未来

e0274399_2525598.jpg
Photo: Per Appassionati di Gatti


過去・現在・未来は、時空間に同時に存在している

この次元では時というのは直線的です。けれども時間の本質は、始まりと終わりがひとつになった、
毛糸玉のようなものです。by ゲリー・ボーネル


物理的な現実の過去・現在・未来とは、映画のフィルムのひとつひとつのコマのようなもの。
すべてのコマは一本のフィルムという同じ時空間で同時に存在している。by Umberto Ridi


e0274399_315549.jpg
Photo: Il mondo dei fotogrammi



最先端の科学では、過去・現在・未来は、同時に4次元時空間に存在している、
という説が一部の科学者たちにより認知されつつあるそうです。

わたしたちを取りまく時間と空間は「唯一」ではなく「複数」であることが、
物理学者たちの間では常識となりつつあるとか。

パラレルワールドと呼ばれています。

くしくも、人の目には見えない次元が在ることを
ネコは感知しているのではと思ったりします。

この新しい概念は、わたしたちの想像力を多次元へと誘い、
あらためて時空間という意味を考える切欠となりました。


[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-26 00:00

夢を旅した少年

e0274399_1884544.jpg
photo credit: Pictimilitude via photopin cc


今、「アルケミスト」を読み返しています。永遠の名作です。
何時読んでも、綺羅星のごとく輝き、いろいろ気づきを得られます。
少年がイギリス人と出会い、二人の会話のなかで、興味深い文章がありました。


イギリス人は、少年がクリスタルの店で働き始めてから起こったことに、とても興味をひかれた。

「それはすべてのことにあてはまる原則だ」と彼は言った。
「錬金術では、それは『大いなる魂』と呼ばれているんだ。
君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。
それはいつも、前向きな力として働くのだ」

これは人間だけに与えられた贈り物ではない、それが鉱物であろうと、植物であろうと、
動物であろうと、単なる思いであろうと、地上にあるすべてのものは魂を持っていると彼は続けた。

「地球上にあるすべてのものは常に形を変えている。
なぜなら地球は生きているからだ・・・。そして地球には魂があるからだ。
私たちはその魂の一部なので、地球の魂が私たちのために働いていることを、
ほとんど認識していない。しかし、クリスタルの店にいた時、グラスでさえ、
君が成功するように協力してくれたことに、君はきっと気がついたことだろう」(p93)

~『アルケミスト』より一部抜粋~



アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
著:パウロ・コエーリョ, 翻訳:山川 紘矢, 山川 亜希子



羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。 (amazon内容紹介より)


パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)
1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。世界中を旅した後に音楽とジャーナリズムの世界へ入る。
87年、初の著書『星の巡礼』を発表して注目を集め、88年に刊行した本作『アルケミスト』が世界中でベストセラーになる。現在は世界を旅しながら精力的に執筆活動を続けている。


☆゚・*:.。山川紘矢・亜希子さんの講演会のお知らせ.。.:*・゚☆゚

山川紘矢・亜希子講演会──自分を知り、幸せを見つける方法
●日時  2014年1月19日(日)午後1時30分~4時半
●会場  クレオ大阪東 JR京橋駅南口より、徒歩10分
●会費  前売り 3000円  当日 3500円
●定員  100人

●申込み方法  
電話またはメールでお申し込みの後、参加費をお振り込みください。
●メール  info@yume-kana.jp
●振込先  ゆうちょ銀行記号14050番号50910701
     (株)夢を叶える学校
●詳細はこちらをご覧ください
★夢を叶える学校★ http://yume-kana.jp

●当日券も用意されているそうです。
その日、行ってみようと思い立った方は、どうぞ会場に直接お出かけください。

☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆

花のリヴィエラ便りに遊びに来て頂き、ありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-12 18:52

植物の奏でる音楽

e0274399_3105045.jpg


イタリアのピエモンテ州、アルプスの麓にあるスピリチュアルなエコ・ヴィレッジ、ダマヌール。その森の中では、ワクワクするような植物の波動エネルギー研究が行われています。

そこでは、植物が奏でる音楽と題して、植物の波動をMIDI信号に変換し、シンセサイザーで鳴らすという試みがなされています。植物が音楽を奏で、素敵なサウンドを聞かせてくれます。

ダマヌールのガイド、彼女はこう語ります。
「樹木や植物と会話をすることもできます。そして、植物は音楽が好きです。音楽を聴いて幸せな気持になるのです。ハッピーなのです。また、植物はクラシックや瞑想の音楽を聴き、自ら音楽を奏でます。つまり、植物には知性があり、人間と異なるロジックをもつ存在なのです。」



植物のコンサート

ダマヌールの人々の、自然とより深くコンタクトしたいという願望が「植物のコンサート」を生み出しました。

1976年、ダマヌールの研究者たちは、すでに、植物の葉や表面の電磁気の変化をとらえ、それを音に変換する装置をつくりました。木々は、自らが奏でようとする音楽をあたかも自覚しているように電気反応をコントロールします。

音楽家たちは、木々の奏でるメロディに合わせて演奏します。1976年、植物のコンサートは、定期的にダマヌールで開催されており、国際的なフェスティバルでも紹介されました。フィレンツェの自然科学博物館の協力のもと、興味深い実験が、今なお進行中です。


植物の世界

ダマヌールの長年に渡る実験で実証できたことですが、植物は学習能力があり、人間と意思疎通ができる存在です。

人間は植物の世界との共存によって地球上で存続できる存在であり、精神的進化も、彼らとの交流や共生によってはじめて実現できるのです。

植物との交流を取り戻すことで、人間の眠ったままの感覚を目覚めさせることができます。また、植物は集合意識をもち、全体でのコミュニケーション手段によって、あらゆる個体の体験を共有できる賢い存在です

植物は、人間が忘れてしまった知識や歴史をいつも語り継いでいます。植物の知性に触れ、彼らからのメッセージを深く理解することによって、人間が忘れてしまった大切な智恵を取り戻し、植物の世界との調和的関係を取り戻すきっかけになることでしょう。そして、それは人類の進化にとって必要不可欠なことだと言えるでしょう。

~ダマヌールの公式サイトより一部抜粋~

ダマヌールの公式サイト
http://www.damanhur.org/


「樹木たちはこう語る」
著:ドロシー マクレーン, 翻訳:山川 紘矢, 山川 亜希子


森林破壊が急速に進む今、私たちは何をすべきなのか?樹木が呼びかける人類へのメッセージ。
自然との交信により荒れ地だったフィンドホーンに豊かな実りをもたらしたことで知られるドロシーが、樹木から受け取ったメッセージをまとめました。樹木たちは、知性を持ち、深い愛情を持って、私たちに語りかけてきます。人と自然との関係をあらためて考えさせられる一冊です。(amazon.co.jp)

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-03 03:14 | イタリアの聖地

シンクロニックライン

e0274399_3321399.jpg


シンクロニシティとは意味のある偶然の一致のことで、日本語訳では共時性とも言います。カール・ユングによって提唱された概念です。そして、その偶然は必然的に訪れるときがあります。

そんなシンクロニシティが起こりやすい場所があります。北イタリアのダマヌールです。シンクロニックライン上ではシンクロニシティが起こりやすいと言われています。

1975年、ダマヌールは、13人の夢から生まれました。現在は イタリア北部ピエモンテ州、アルプスの麓バルキュウゼラにある、欧州最大のコミュニティー連合体です。

エネルギーの高い場所というのは、シンクロニックラインといわれるエネルギーと情報の流れるラインで、命の高速道路とも呼ばれています。そして、このシンクロニックラインでは、直感が冴えてアイディアが湧き、夢が実現し、事象の結びつきが実感できるのです。

それは、あらゆる宇宙の情報とエネルギーを運び、太陽やシリウス、オリオン、プレデアス、他の銀河系とも繋がっており、その情報を伝達していると言われています。

そのシンクロニックラインが、イタリアのある場所で4本交わります。ダマヌールは、まさにその場所にあり、シンクロニックラインが最も多く交差するエネルギーの中心地点に創られているのです。

Re:ダマヌールの公式サイト
http://www.damanhur.org/

e0274399_3413188.gif
シンクロニックライン マップ


2014年は変容の年。この新しいパラダイムの中では、シンクロニシティを意識し、新しい意識で生きるという感覚が大切だといわれています。誰もが内側にある、成長と癒しのパワーや目覚めるパワーに気づき、そして最終的には、もっと地球全体の癒しをサポートしていく。そんなビジョンを描いてゆきたいですね。

ご訪問いただきありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-02 00:00 | イタリアの聖地

素敵な2014年に☆

e0274399_62657.jpg


明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!

2014年、皆様にとって
すばらしい一年になりますように.。.:*・゚☆゚
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-01 00:00 | 言葉