イタリア映画 「あしたのパスタはアルデンテ」

e0274399_1681199.jpg
2010年のイタリア映画。フェルザン・オズペテク監督。(C)Fandango2010 

みなさま、パスタはお好きですか? 「あしたのパスタはアルデンテ」は、夏にぴったりのイタリア・コメディ。南イタリア、プーリア地方の美しい町レッチェ。伝統的なディナーのイタリア料理、珠玉のドルチェの数々、家の佇まい、インテリアや食器など愛でるものがたくさんある。爽やかな南イタリアの風を感じる映画。パスタ会社新社長となる長男の告白によって巻き起こる大騒動を発端に、家族の深い絆をユーモアたっぷりに描く、笑って泣けるとびきりの感動作です。最高にハッピーな高揚感人生には様々な不安が付きもの、家族や親友、恋人にも言えない秘密がある。でも自分に正直に何事も恐れず明日へチャレンジすれば、幸せはきっと来るはず!楽しく笑いながら、そこに詰まったメッセージに気づかされる。決断をする勇気をもつこと、自分の人生を幸せにするのは自分であること、本当に大切なものは決して去らないこと・・・。





参照:公式ウェブサイト(日本語)
本日もご訪問いただき、ありがとうございました056.gif







トンマーゾはローマに住む作家志望の青年。実家は南イタリアのレッツェにある老舗パスタ会社。兄アントニが新社長就任となり、共同経営者一族の晩餐会が開かれる。帰郷したトンマーゾはそこで家族に言えない3つの秘密を告白すべく、兄アントニオに予告する。経営学部と偽り文学部を卒業、2つ目は実業を継がずに小説家になること、そして、最大の秘密は、ゲイであること。ディナーの席で、トンマーゾが告白しようとした矢先、アントニオが機先を制して告白してしまった。「僕はゲイです」と。一堂は驚愕、父ヴィンチェンツォは憤怒のあまり、長男に勘当宣告をしてそのまま卒倒、家族は大騒ぎ。トンマーゾは告白どころかローマにも戻れず、共同経営者の美しい娘アルバとパスタ工場をまかされる羽目に。果たして、トンマーゾの未来は? 老舗パスタ会社の将来は?そして、一家に再び平和な日々は訪れるのだろうか?そして、いよいよおばあちゃんは家族たちの眼を開かせるために、ある行動をとることを決心する……。

ご興味のある方、ビタースィートなイタリア語の動画をご覧くださいね。(”Mine Vaganti”)



Mine Vaganti
Catalano Pasquale



[PR]

by piccolo_fiore | 2012-07-31 17:00 | 映画