Oldest 2012 Olympic athlete - aged 71

e0274399_20233388.jpg


「スポーツマンの活躍に年齢は関係ない。日本のオリンピック選手が証明している。法華津寛は、2012年ロンドンオリンピック選手の中で71歳の最年長である。日本代表で馬場馬術に出場する」とBBCニュースが伝えています。まったく凄い方ですね!!
Oldest Ref.2012 Olympic athlete - aged 71
1 August 2012 Last updated at 05:39 GMT
BBC © 2012 The BBC





みなさん、馬がお好きですか。わたしは野生の馬の姿が好きです。ヨーロッパの中世時代の映画では騎馬の美しい姿が描かれています。また馬は大変利口な動物だといいます。イタリアでも重要な国事や祭典で馬の姿をみかけますし、田舎では馬を飼っている人の話を聞いたことがあるので、馬という動物は身近な存在だと思います。ところで、BBCビデオニュースを見ていて、日本のオリンピック選手、71歳の法華津さんに注目が集まっていることを知りました。

五輪最年長記録
法華津さんは、オリンピック史上においても1920年のアントワープオリンピックの射撃競技で銀メダルを獲得した、スウェーデンのオスカー・スバーンの72歳10か月に次ぐ歴代2位の記録となるそうです。「今大会は個人1枠のみだが、北京に続き日本人最年長ということで注目を浴びている法華津寛が代表。北京では騎乗馬ウイスパーが巨大スクリーンの映像に驚くというアクシデントがあり力を発揮しきれなかったが、そのときからさらに進歩したコンビの演技に注目したい」と日本オリンピック委員会は伝えています。
© 2012 JAPANESE OLYMPIC COMMITTEE All Rights Reserved.


法華津寛(ほけつ ひろしさん)のプロフィール
法華津さんは馬術を始めたのは12歳の時で学生時代から選手として数々の大会に出場。1964年に開催された東京オリンピックに出場し、障害飛越個人40位、同団体12位。その後、数々の大会で活躍し、北京五輪は馬場馬術で34位。また実業家としても活躍後、定年退職後にオリンピック再挑戦を決意し、2003年から家族を日本に残し単身でドイツ・アーヘンで馬術修行。

参考:Wikipedia
[PR]

by piccolo_fiore | 2012-08-02 00:00