イタリアのピラミッド

e0274399_3284781.jpg
Photo: Aerial view of the small village of Monte, Montevecchia, Italy,
by Vincenzo DeGregorio


北イタリアのミラノから40キロほど離れた場所に、モンテヴェッキア(Montevecchia)という小さな村があります。2003年、この村で3つのピラミッドが発見されました。

現在、ピラミッド丘は草や木に覆われていますが、3つのピラミッドは、エジプト・ギザの3つのピラミッドとほぼ同じ配置で並んでいます。

研究チームが発掘調査したところ、石の構造物らしきものが発見され、それらが建造された年代も、おそらく3000年以上前である可能性が高いそうです。

さらに謎なのは、エジプト・ギザのピラミッドも、モンテヴェッキア・ピラミッドも、オリオン座の三ツ星と同じ形で並んでいるという説。

いったい、何時、誰が、何の目的で建造したのでしょうか?
なぜオリオン座の三ツ星と同じ配列なのか、その謎は深まるばかりです・・・

Ref:European-Pyramids
Ref:old europe


次回へつづきます。




The pyramids of Montevecchia, made of soil and stone, were brought to the attention of modern scientists in 2003 by Vincenzo di Gregorio, an Italian architect and independent researcher specializing in georadar (sound-wave) detection of underground features. The pyramids are located approximately 40 kilometers northeast of Milan and 15 kilometers south of Lecco in Lombardy Italy. Orthodox thinking speculates that these pyramids were built by modern farmers who terraced existing hills. But the stones occasionally visible beneath the terrace layers tell a different story. Independent researcher Nenad Djurdjevic noted several features of these giant structures indicating both an ancient and an artificial origin.



[PR]

by piccolo_fiore | 2013-09-28 00:00 | ピラミッド