生体エネルギー

e0274399_6181142.jpg
The Invisible but Vital Life Energies of the Bosnian Pyramid Valley


ボスニアのピラミッド、目に見えない生体エネルギー

ボスニアのピラミッドでは高濃度マイナスイオンがRavneトンネル迷路内部やその他の谷でも検出されています。過去6年間、さまざまな測定が実施され、トンネル内部のマイナスイオンの数値レベルは、200立方センチメートル当たり40,000イオンまで到達し、驚異的な増加を示しています。

ここ120年間にわたる研究により、マイナスイオンとは、核の中の陽子より多くの電子をもつ、原子または分子であることが証明されています。またマイナスイオンが、空気中にある埃や、胞子や、カビや花粉などを浄化し、さらに人間にも健康促進に効果が高いことが実証されています。過去6年間、このマイナスイオンの豊富な場所で、地下トンネル内の迷路を訪れた何千人もの人が癒しの力を体験しています。

スロベニアの研究者ヤネス・ペルコ博士は、このトンネル迷路内で人間のオーラに対する影響を研究し、迷路内で1時間滞在した人のうち、ほぼ80%がその人がもつオーラが著しく増えるか、またはオーラの発生を実証しました。ヤネス博士の研究は、主にガス放電の可視化技術を発明したロシアの科学者、コンスタンチン.コロトコフ教授の研究の影響を受けています。それは、キルリアン写真を遥かに凌ぐ、人間のエネルギーフィールドを直にリアルタイムで視覚化できるようにしたものです。

このように古代文明の人たちは、目に見えない生体エネルギーの微細な効果を理解し、そのエネルギーを生成し、そして拡大する技術を発明したという結論に至りました。

ピラミッドは地球が発する癒しの力を増幅するといわれています。

出典:The Invisible but Vital Life Energies of the Bosnian Pyramid Valley
*キルリアン写真とは、対象物に高周波・高電圧を掛けて発生させたコロナ放電による発光現象を撮影したものです。


参照:ヨーロピアンピラミッドはこちら

花のリヴィエラ便りへ遊びに来ていただき、ありがとうございます056.gif



[PR]

by piccolo_fiore | 2013-11-02 06:24 | ピラミッド