植物の奏でる音楽

e0274399_3105045.jpg


イタリアのピエモンテ州、アルプスの麓にあるスピリチュアルなエコ・ヴィレッジ、ダマヌール。その森の中では、ワクワクするような植物の波動エネルギー研究が行われています。

そこでは、植物が奏でる音楽と題して、植物の波動をMIDI信号に変換し、シンセサイザーで鳴らすという試みがなされています。植物が音楽を奏で、素敵なサウンドを聞かせてくれます。

ダマヌールのガイド、彼女はこう語ります。
「樹木や植物と会話をすることもできます。そして、植物は音楽が好きです。音楽を聴いて幸せな気持になるのです。ハッピーなのです。また、植物はクラシックや瞑想の音楽を聴き、自ら音楽を奏でます。つまり、植物には知性があり、人間と異なるロジックをもつ存在なのです。」



植物のコンサート

ダマヌールの人々の、自然とより深くコンタクトしたいという願望が「植物のコンサート」を生み出しました。

1976年、ダマヌールの研究者たちは、すでに、植物の葉や表面の電磁気の変化をとらえ、それを音に変換する装置をつくりました。木々は、自らが奏でようとする音楽をあたかも自覚しているように電気反応をコントロールします。

音楽家たちは、木々の奏でるメロディに合わせて演奏します。1976年、植物のコンサートは、定期的にダマヌールで開催されており、国際的なフェスティバルでも紹介されました。フィレンツェの自然科学博物館の協力のもと、興味深い実験が、今なお進行中です。


植物の世界

ダマヌールの長年に渡る実験で実証できたことですが、植物は学習能力があり、人間と意思疎通ができる存在です。

人間は植物の世界との共存によって地球上で存続できる存在であり、精神的進化も、彼らとの交流や共生によってはじめて実現できるのです。

植物との交流を取り戻すことで、人間の眠ったままの感覚を目覚めさせることができます。また、植物は集合意識をもち、全体でのコミュニケーション手段によって、あらゆる個体の体験を共有できる賢い存在です

植物は、人間が忘れてしまった知識や歴史をいつも語り継いでいます。植物の知性に触れ、彼らからのメッセージを深く理解することによって、人間が忘れてしまった大切な智恵を取り戻し、植物の世界との調和的関係を取り戻すきっかけになることでしょう。そして、それは人類の進化にとって必要不可欠なことだと言えるでしょう。

~ダマヌールの公式サイトより一部抜粋~

ダマヌールの公式サイト
http://www.damanhur.org/


「樹木たちはこう語る」
著:ドロシー マクレーン, 翻訳:山川 紘矢, 山川 亜希子


森林破壊が急速に進む今、私たちは何をすべきなのか?樹木が呼びかける人類へのメッセージ。
自然との交信により荒れ地だったフィンドホーンに豊かな実りをもたらしたことで知られるドロシーが、樹木から受け取ったメッセージをまとめました。樹木たちは、知性を持ち、深い愛情を持って、私たちに語りかけてきます。人と自然との関係をあらためて考えさせられる一冊です。(amazon.co.jp)

[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-03 03:14 | イタリアの聖地