夢を旅した少年

e0274399_1884544.jpg
photo credit: Pictimilitude via photopin cc


今、「アルケミスト」を読み返しています。永遠の名作です。
何時読んでも、綺羅星のごとく輝き、いろいろ気づきを得られます。
少年がイギリス人と出会い、二人の会話のなかで、興味深い文章がありました。


イギリス人は、少年がクリスタルの店で働き始めてから起こったことに、とても興味をひかれた。

「それはすべてのことにあてはまる原則だ」と彼は言った。
「錬金術では、それは『大いなる魂』と呼ばれているんだ。
君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。
それはいつも、前向きな力として働くのだ」

これは人間だけに与えられた贈り物ではない、それが鉱物であろうと、植物であろうと、
動物であろうと、単なる思いであろうと、地上にあるすべてのものは魂を持っていると彼は続けた。

「地球上にあるすべてのものは常に形を変えている。
なぜなら地球は生きているからだ・・・。そして地球には魂があるからだ。
私たちはその魂の一部なので、地球の魂が私たちのために働いていることを、
ほとんど認識していない。しかし、クリスタルの店にいた時、グラスでさえ、
君が成功するように協力してくれたことに、君はきっと気がついたことだろう」(p93)

~『アルケミスト』より一部抜粋~



アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
著:パウロ・コエーリョ, 翻訳:山川 紘矢, 山川 亜希子



羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。 (amazon内容紹介より)


パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)
1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。世界中を旅した後に音楽とジャーナリズムの世界へ入る。
87年、初の著書『星の巡礼』を発表して注目を集め、88年に刊行した本作『アルケミスト』が世界中でベストセラーになる。現在は世界を旅しながら精力的に執筆活動を続けている。


☆゚・*:.。山川紘矢・亜希子さんの講演会のお知らせ.。.:*・゚☆゚

山川紘矢・亜希子講演会──自分を知り、幸せを見つける方法
●日時  2014年1月19日(日)午後1時30分~4時半
●会場  クレオ大阪東 JR京橋駅南口より、徒歩10分
●会費  前売り 3000円  当日 3500円
●定員  100人

●申込み方法  
電話またはメールでお申し込みの後、参加費をお振り込みください。
●メール  info@yume-kana.jp
●振込先  ゆうちょ銀行記号14050番号50910701
     (株)夢を叶える学校
●詳細はこちらをご覧ください
★夢を叶える学校★ http://yume-kana.jp

●当日券も用意されているそうです。
その日、行ってみようと思い立った方は、どうぞ会場に直接お出かけください。

☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆゚・*:.。 .。.:*・゚☆

花のリヴィエラ便りに遊びに来て頂き、ありがとうございました056.gif
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-01-12 18:52