グリーフサポート

e0274399_2027449.jpg
Photo credit: akiko


昨年の12月、最愛の叔父が安らかに永眠しました。
あれから一年が過ぎました。

母から知らせを聞いて、悲しさで胸が空っぽになりました。幼少時代、とても可愛がってもらったので、どっとおしよせる悲しさに、ただ涙を流すしかありませんでした・・

しばらく泣いて過ごしていたのですが、あたたかい周りの人たちに慰められ、海に行くたびに悲しみが波に洗い流されるように、少しずつ癒されました。

それから静かな時間に瞑想をしていたとき、若い頃の叔父の姿を思い出し、元気そうな声が聞こえて、少し会話ができたような気がしました。その会話もはっきり憶えています。

心理学博士ジャッキー・ニューカムの著書『天国からの訪問者』に、こう述べられている箇所があります。

「多くの人々が、瞑想をしている時や夢の中で、亡くなった人からの来訪を体験しています。こうした体験はとてもポジティブで、心がやすらぐものです。夢の中で訪問を受けることは、やさしく安全です。それに、何度も何度も自然に起こります。世界中の人々が夢の中で、今は亡き愛する人と話しています」。

これは真実です。ごく身近な人たちが、天国の家族と夢の中で会った話をよく語ってくれます。愛するスピリットたちとコンタクトできるのは、けっして不思議な話ではないのですね。

みなさんも、愛する人との別れを体験したとき、天に召された家族や友人に、もういちど会って話がしたい、そう思ったことがあるのではないでしょうか。

今年、愛する家族や友人、大切な人との別れの体験した方へ、その悲しみを癒やす方法について、ご紹介したいと思います。

~・~・~・~・~・~ ここから引用 ~・~・~・~・~・~

あなたの愛する人からのメッセージを受け取りやすくする方法

どうすれば、愛する人に私たちの所に来てもらえるのでしょうか。
簡単な方法は、彼らに「どうぞ私のところに来てください」とお願いすればいいのです。

夢の中で出会う方法

1. 愛する人の写真に話しかけましょう。あなたと二人で写っている写真、特に楽しく幸せな思い出の写真がいいですね。二人で写した写真がなければ、あなたの愛する人一人の写真を使っても大丈夫です。

2. もし、写真がなければ、愛する人が持っていた物を使う。あなたがお願いする時、その物と故人のつながりを感じてください。

3. 亡くなった人の最近の衣類があれば、それを使ってください。その人のにおいはとても力があります。
それに故人のエネルギーを思い出す、すばらしい方法です。

4. 故人の写真や持ち物が無くても大丈夫です。何も手に持つ必要はありません。ただ目を閉じて、あなたの愛する人が目の前に立っていると想像しましょう。その人がそこに立っていると思って話しかけましょう。

5. 一緒に過ごした楽しい時間を思い出しましょう。故人と意思疎通を図ることは、二人がわかちあった愛の気持ちを思い出すことなのです。愛こそが、二つの世界をつなぐ電話回線なのです。

6. あなたの願いを書いてみましょう。特別なノートでも普通の紙でも構いません。あなたの手紙を封筒に入れ、それをまくらの下に入れるか、眠るときにあなたのすぐ近くに置きましょう。

7. あなたとあなたの愛する人が、白い愛のエネルギーで守られていると想像しましょう。心の中に二人がふわふわした白い雲につつまれている姿が思い描いてください。

8. 神様(女神様、または創造主など自分にふさわしいもの)にお願いして、あなたの愛する人を自分の所に連れてきてもらいましょう。


願うと起こること

「夢の中に出てきてください」、と頼むと次のようなことが起こる可能性があります。

1. あなたの夢の中に亡くなった人が現れる。

2. 願った人とは別の人物が現れる。(あなたの願った人は、今、出られないので、かわりに他の人が現れる)。

3. 自分の夢に出てきてほしいと願ったのに、あなたの親族の誰かの夢に現れる。その人はあなたに、「昨夜、変わった夢を見たの・・・」と連絡してくる。

4.何かを思い出す夢や、夢の中でメッセージを受け取る夢を見る

5.眠りに落ちる直前や、目覚めの直前のトランス状態にあえる時、願った人物が自分のベッドの端にすわっていたり、部屋の中に立っていたりするのを見る。

6.あなたが起きている時、白い鳥の羽を見つける。死んだ人の写真が動いたり、落ちたりする。亡くなった人を思い出す手紙や宝石などを見つける。死者と関係の深い香水の香りや、音楽に出会う。

7.次の二、三日、あるいは二、三週間の間に、死者があなたのすぐそばにいるという空気を感じる。それが起こる時、時間が止まるような気がする。とても寒く感じたり、とても温かく感じたり、自分の服に静電気が充電しているような気がしたりする。

8. あなたの名前を呼ぶ声が聞こえたり、短い言葉が耳元でささやかれたりする。これは、眠っている時、あるいは眠りに入りかけた時や、眠りから目覚めかけた時のトランス状態の間にも、しばしば起こる。

(p295~p304)
~・~・~・~・~・~ 引用ここまで ~・~・~・~・~・~

ジャッキー・ニューカム著 山川紘矢・山川亜希子訳 主婦の友社
『天使のまなざし 天国からの訪問者』より一部抜粋 


もし、わたしが大切な人を失って、大きな悲しみに暮れていなければ、
この本を読んで、これほど心を動かされたかどうか、よくわかりません。

でも、ひとつだけ確かなことは、ジャッキーが語るのはすべて真実です。
なんて素敵、ビビっと心に響く話なんだろうと。入門書という風に、
魂のことも、誰にでもわかりやすく、数多くの事例が紹介されています。
まるで雷に打たれたように、私はその内容に大きな衝撃を受けました。

気がつけば、悲しみの涙がとまり、羽のあるもの、空に舞う蝶や鳥をみて、
もしかして、あの人かもしれない、いつも見守ってくれているんだと、
この本から優しい癒しを感じました。明るい死生観に心が救われます。

夢の中で愛する人にもう一度会いたい、天国からメッセージをもらいたい、
このような気持ちで過ごしている方に、ぜひおすすめです。

以上、レビューを書かせていただきました。



最後までお読みいただきありがとうございます056.gif
[PR]

by piccolo_fiore | 2014-12-04 16:39 | 地中海の癒し